Menu
(0)

Search

『グランド・セフト・オートV』発売から7年、なぜ新作は作られないのか ─ ゲーム開発者が持論を述べる

グランド・セフト・オート・オンライン Grand Theft Auto Online
Photo By PlayStation Europe https://www.flickr.com/photos/playstationblogeurope/16035778385

世界中で未曽有の累計販売数を誇る『グランド・セフト・オートV(通称:GTA5)』が2013年9月に米国発売してから、早くも7年が経とうとしている。しかし、肝心のファンが望む次回作については、未だ言及されたことはない……。その理由について、本シリーズの開発会社「Rockstar Games」の元プロデューサーであるダリオン・ローヴェンシュタイン氏が、自身のTikTokにて持論を述べている。

2020年6月12日、PS5ゲームラインアップが発表。数多の大型タイトルが並ぶ中、そこにも次回作は含まれていなかった。代わりにアナウンスされたのは、『グランド・セフト・オートV』のアップデート版だったのだ。

「Rockstar Gamesに務めていたこともあったので、『GTA6』ではなく、何故『GTA5』のアップデート版だったのかと、多くの人に聞かれましたよ。開発者側の立場から考えると、いくつか思い浮かぶ理由があります。私はこれまで、次世代機用に数多くゲームを制作してきたのですが、本当に大変なんですよ。テクノロジーが常に進化している中、ローンチのタイミングで大型ゲームを作るのは本当に凄まじいことなんです。

また、ローヴェンシュタイン氏は「新作を発表するよりも、既存のゲームを継続的にアップデートしていく方が遥かに安価で簡単」なのだと語っている。「なので、私が想像するに、GTA6はまだ準備段階にあるのでしょうね」。もちろん、あくまでも元プロデューサーの意見のため、実際のところ真相は不明。いずれにせよ、今後の動向に注目したいところだ。

あわせて読みたい

Source: Darion Lowenstein

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly