Menu
(0)

Search

『ゴジラvsコング』続編が始動、2022年内に撮影開始へ ─ オーストラリア・クイーンズランドで実施

ゴジラvsコング
© 2021WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.

“モンスター・ヴァースの集大成”、『ゴジラvsコング』(2021)につづく続編映画が正式始動した。あわせて、2022年内に撮影開始予定であることが明らかにされている。

タイトル未定の本作の詳細は全く明かされていない。『ゴジラvsコング』でメガホンをとったアダム・ウィンガードは2021年3月、「地球空洞説の探索にはまだやるべきことがある」とシリーズ継続に意欲を示しており、その翌月には『Son of Kong』というタイトルのもとモンスター・ヴァースの新作映画が発表されていた。ウィンガードが監督として初期交渉中と伝えられていたが、こちらの詳細も不明であり、このたび撮影情報が伝えられている企画と同じものかは定かでない。

豪政府機関のスクリーン・クイーンズランドによると、『ゴジラvsコング』続編映画の撮影は、オーストラリアのクイーンズランド州にある都市、ゴールドコーストおよびサウス・イースト・クイーンズランドのロケ地にて執り行う予定とのことだ。この映画が及ぼす地域への経済効果は、7,520万オーストラリアドルにも及ぶ見込みという。またエキストラ750人、キャストやスタッフ505人が地元から動員される。なお同州の首相アナスタシア・パラシェは、「パンデミックの影響や、サウス・イースト・クイーンズランドの洪水被害から回復しつつあるこの州の経済を後押しするような喜ばしい作品となります」と声明を発表している。

ちなみにモンスター・ヴァースとしてはほか、Apple TV+によるドラマ化企画も進行中。サンフランシスコがゴジラとタイタンたちの壮絶な戦いによって破壊され、モンスターが実在するという衝撃的な新しい現実を突き付けられた後の世界が舞台となる一作だ。

あわせて読みたい

※訂正:記事初出時に誤記がございました。お詫びして訂正いたします。

Source: Screen Queensland , Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly