Menu
(0)

Search

『ハロウィン』続編、2020年秋米公開予定へ ─ ローリー役ジェイミー・リー・カーティスが続投

ハロウィン
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS

ホラー映画の傑作を新たに蘇らせた2019年日本公開のヒット作『ハロウィン』が、続編に向けて始動することがわかった。Colliderが伝えるところによれば、撮影開始に向けて2019年9月初旬以降より準備を始めるという。

1978年のオリジナル版以来40年ぶりに主演を務めたローリー役のジェイミー・リー・カーティスも続投予定。その娘カレンと孫娘アリソンを演じたジュディ・グリアとアンディ・マティチャックも再出演が見込まれるが、この2名は現時点で契約成立までは至っていないとのこと。監督は未確定だというが、デヴィッド・ゴードン・グリーンが脚本兼任で再登板する可能性が高いと伝えられている。


ハロウィン
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS

1978年、ホラー映画の鬼才ジョン・カーペンター監督が生み出した『ハロウィン』に新たな命を吹き込んだ『ハロウィン』は、2018年10月19日に全米で公開するやいなや週末3日間で7,550万ドルという驚異的な興行収入を記録。R指定ホラー映画としては『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)に次ぐ全米ホラー映画史上歴代2位のオープニング興行収入となった。2019年4月12日より日本公開されると、国内でも好評を博している。

『ハロウィン』続編は、2020年10月16日を米公開予定日として定めたという情報もある。1作目同様、しっかりハロウィン・シーズンに標準を合わせた格好だ。

メイキング映像、独占公開中!

Source:Collider

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly