メンヘラ・ハーレイ・クインがジョーカーにすがりつく!『スーサイド・スクワッド』こじらせ系未公開シーンが公開!

全米で映画『スーサイド・スクワッド』のデジタル配信が開始された。『エクステンデッド・カット』版では、劇場公開版ではカットされていた13分の未公開シーンとなっている。

この度、その未公開シーンの中から重要な場面の映像がネット公開された。まだ『ハーレイ・クイン』と化す前の精神科医ハーリーン・クインゼルが、恋い焦がれるジョーカーを必死で追うシーンだ。

動画の解説・日本語訳

ハーリーンは、ジョーカーが走らせるパープル・ランボルギーニとバイクを並走させ、危なっかしく乗り捨てるとジョーカーの走路に立ちふさがる。ちょっと面倒くさそうに急ブレーキ停車したジョーカーの車のボンネットを叩きながら、彼女はこう叫ぶ。

「私を捨てないで…私を捨てないでよ!」

「あなたの要求はすべてやったのに…テストも、試練も、あなたの手ほどきも全部…

あなたへの愛は証明したじゃない!それを受け入れてよ!」

完全に”恋心こじらせ系女子”となったメンヘラ・ハーリーンを前に、ジョーカーは厄介な女をたしなめるように言う。

「わかった、わかった、わかった…。俺は”愛”とかそういうタチの男じゃねぇんだ…。」

次の瞬間ジョーカーは両手を叩き、不気味な笑顔で「いいこと考えたぁ…!」と目を見開き、ハーリーンの周りをグルリと一周しながらこう言う。

「心理の話さ。俺は俺の計画に従って、俺の意志を実行するんだ。それでアンタは…ドクター、俺の計画じゃねぇ。」

ハーリーンはジョーカーにすがるように両手で彼の頬を撫で、「私を受け入れてよ…約束する、私を受け入れて…絶対傷つけないって約束するから…!」と請うも、ジョーカーは彼女から立ち去りながら「はいはい、約束、約束ね」とはぐらかす。

さて、二人は道路上にランボルギーニを止めたままにしていたせいで、後続のトラックの運転手が文句を言いに近づいてくる。ハーリーンはその男を、ジョーカーのジャケットから差し抜いた拳銃でためらいなく撃ち殺す。その銃声に特に驚く様子もなく、ジョーカーは「俺がお前だったら、そんな事しないけどなぁ…」とおどけるが、ハーリーンは銃を構えたまま真剣だ。銃口をジョーカーの額に押し付けて睨みつけると、ジョーカーは両手を上げて「俺のことは傷つけないでね。友達になろうよ」と笑う。

表情を変えないハーリーンを見て、ジョーカーは「やれよ…撃ってみろ…」と囁く。
「心が、あなたを怖がってる…でも銃は…」涙をこらえながら訴える健気な女をからかうように、道化師は「撃てよ!」と叫び、銃を奪い、自らのこめかみに当てて不敵に笑う。

「おかしくなっちゃった。アンタ狂ってるな。消えろ。」


このシーンは、ハーレイ・クインことハーリーン・クインゼルの『ジョーカー依存』を物語る印象的な映像だ。ハーレイはどのようにジョーカーという狂人にのめり込んでいたのか、そしてジョーカーが当初ハーリーンのことをいかに面倒そうにはぐらかしていたかがよくわかる。

このような未公開シーンを合計13分含んだ『エクステンデッド・カット』版を収録したBlu-ray/DVDが全米で12月13日発売となる。日本では、わずか2週間ほど遅れて12月21日に発売。日本国内における様々な映画公開やソフトリリースが大幅に遅れる状況が続く中、このスピード感は喜ぶべきだろう。

日本での『スーサイド・スクワッド』Blu-ray/DVD、デジタルセルのリリース情報については以下記事にて。

『スーサイド・スクワッド』Blu-ray / DVD 日本版発売日発表!年内リリース決定!

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。