Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード』スピンオフ映画『ホブス&ショウ』撮影終了 ─ ドウェイン・ジョンソン&ジェイソン・ステイサムらがコメント発表

https://www.instagram.com/p/BtKLFrVhrcd/ スクリーンショット

ワイルド・スピード』シリーズ初のスピンオフ映画『ホブス&ショウ(邦題未定、原題:Fast & Furious Presents: Hobbs & Shaw)』の本撮影が終了した。あわせて「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」(2015-)トラヴィス・マナワ役で知られるクリフ・カーティスが、ドウェイン・ジョンソン演じるルーク・ホブスの兄弟役で出演することも判明している。

本撮影終了、“筋肉コンビ”がコメント

2018年9月10日よりイギリス・ロンドンで撮影開始した本作は、『ワイルド・スピード』シリーズでも屈指の“筋肉コンビ”ドウェイン・ジョンソン演じるルーク・ホブスと、ジェイソン・ステイサム演じるデッカード・ショウを描く作品。約4ヶ月にも及んだ本作の撮影終了にあわせ、2人はコメントを発表した。

ドウェイン・ジョンソン:「皆さんがこの夏に公開されるのを楽しみにしている『ホブス&ショウ』の旅路を、僕と一緒に歩んでくれて、ありがとうございます。この映画を作れて最高ですし、プロデュースもできて最高です。それに、皆さんへ本作を届けることができるのも最高! 知っての通り、『ホブス&ショウ』は僕にとって一本の映画以上の存在です。皆さんのサポートに感謝します。それからフィットネス愛好家のみんな、若い人も、そんなに若くない人も、毎朝4時半から5時まで僕に付き合ってくれてありがとう。[中略]今日が最終日!愛しています。」

ジェイソン・ステイサム:「ひとりぶんの値段でふたりぶんの散髪! 間違いなく世界最高の熟練ヘリパイロット、フレッド・ノースに尊敬の意を表します。『ホブス&ショウ』撮影最後の日々、カメラはあるべき場所に置かれていました。この映画を実現してくれた、最も強く、最も愉快なドウェイン・ジョンソンに感謝の気持ちでいっぱいです。山のような筋肉と対決できたことを嬉しく思います。兄弟よ、この思い出は忘れないよ!」

また本作の監督を務めたデヴィッド・リーチ、プロデューサーのハイラン・ガーシアも舞台裏写真とともに本撮影の終了を報告している。

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly