Menu
(0)

Search

ディズニー人気アトラクション実写化『ホーンテッドマンション』9月1日日本公開決定、恐怖と笑いの予告編が到着

ホーンテッドマンション
© 2023 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ディズニーの人気アトラクション“ホーンテッドマンション”を実写映画化した、恐怖と笑いのハイブリッド『ホーンテッドマンション』が、2023年9月1日より日本公開されることが決定した。日本版予告編も届けられている。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』『ジャングル・クルーズ』に続く、ディズニーランドのアトラクション・ムービー誕生だ。

医師でシングルマザーのギャビーは、ニューオーリンズの奥深くにある館を破格の条件で手に入れ、9歳の息子のトラヴィスと共に引っ越してきた。しかし、この館は何かがおかしい……。

この豪華すぎるマイホームで、2人は想像を絶する怪奇現象に何度も遭遇する。彼らを救うため、神父、超常現象専門家、霊媒師、歴史学者の、かなりクセの強い心霊エキスパートたちに助けを求めることに。だが、このエキスパートたちもワケアリのメンバーで…?

館に住む999人の風変わりなゴーストたちと、仕掛けられた数々のトリック。不気味な体験を通して、メンバーたちは遂に館に隠された悲劇的な真実に気づき始めるのだった。

世界中で愛され続け、東京ディズニーランドでも人気のアトラクション「ホーンテッドマンション」。そこでは999人のゴーストたちが、“1000人目”の仲間を迎えるため、ゲストの到着を待っている。美しくも不気味にそびえるゴシック風洋館、目が光る肖像画、人もいないのに突然鳴りだすピアノなど、ゾクゾクするほど魅力的な舞台設定に、奇怪にして奇抜なゴースト・ストーリー。そんな唯一無二のアトラクションにインスパイアされて本作を監督したのは、元ディズニーランドのアルバイトだったジャスティン・シミエン。ホーンテッドマンションをこよなく愛する彼の長年の夢がついに実現した。

アトラクションではドゥームバギー(死の車)に乗り、ゴーストホストの案内で館の中を進んでいく。進みながら動いているはずなのに何故かずっと目が合い続け、まるで生きているかのように感じられる絵画など、不気味な怪奇現象を味わうことが出来る。予告編にもまさにアトラクションを体験しているかのようなシーンが収められており、誰もがワクワクする必見の映像となっている。

クセの強いキャラクターを演じるのは、ハリウッドを代表する同じくクセの強い個性派キャストたち。スター・ウォーズの実写ドラマシリーズ「マンダロリアン」の好演が記憶に新しいロザリオ・ドーソンが母親ギャビーを演じ、心霊エキスパート・チームには、オーウェン・ウィルソン、ダニー・デヴィートなど実力派を起用。さらに、『モービウス』のジャレット・レト、『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』で注目を集めるジェイミー・リー・カーティスなど、映画ファン必見の夢の競演が実現した。

ようこそ、めくるめく心霊体験が待つホーンテッドマンションへ。映画が終わったその時──“1000人目”は、あなたかもしれない…。『ホーンテッドマンション』は2023年9月1日より日本公開。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly