Menu
(0)

Search

『ハッピー・デス・デイ』予告編&ポスターが到着 ─ 殺される誕生日を繰り返せ、衝撃のタイムループ・ホラーコメディ

ハッピー・デス・デイ
(C)Universal Pictures

『パラノーマル・アクティビティ』シリーズや『ゲット・アウト』(2017)のヒットメーカー、ジェイソン・ブラムが贈る“タイムリープ・ホラー”『ハッピー・デス・デイ』が2019年6月28日(金)に、その続編『ハッピー・デス・デイ 2U』が2019年7月12日(金)にTOHOシネマズ日比谷ほかにて連続公開される。

「誕生日の夜に殺されるたび、その日の朝に戻される」。ループ地獄に陥った大学生ツリーを描く第1作『ハッピー・デス・デイ』より、このたび予告編とビジュアルが到着した。


全米のティーンから圧倒的な支持を受け、全米初登場No.1を獲得した『ハッピー・デス・デイ』が、主人公のいわゆる“ビッチ”な大学生ツリーが、自分の誕生日の夜に殺されては同じ日の朝に戻るという斬新なタイムループホラー作品だ。

公開された予告映像は、ツリーが見知らぬ男子カーターの部屋で目を覚ますところから始まる。この日は彼女の誕生日、口うるさい寮長ダニエルによる嫌味の洗礼や、ルームメイト、ロリからのお祝いもそこそこに日常を過ごし、夜にはバースデーパーティーにやってきた。しかし突如として、不気味な殺人鬼「ベビーマスク」が現れる。

あっさり殺されてしまったツリーが目を覚ましたのは、またもやカーターの部屋だった。一度経験したのとまったく同じ一日を、ツリーはふたたび過ごすのだった。不気味なマスクの人物に殺されるところまでまったく同じ、彼女は恐怖の誕生日を繰り返すのだ。「誕生日が終わらない、結局殺されるの」。なんとか地獄のループから脱出しようとするツリーは、死んで、死んで、死にまくりながらもベビーマスクの悪夢から逃れようとする……。果たしてツリーは明日を迎えることができるのか?

ハッピー・デス・デイ
(C)Universal Pictures

ツリーを演じるのは、『ラ・ラ・ランド』(2016)『500ページの夢の束』(2017)の新鋭ジェシカ・ロース。ツリーにタイムリープの秘密を打ち明けられるカーター役には、ソフィア・コッポラ監督『ブリングリング』(2013)の演技が高く評価されたイズラエル・ブルサード。監督・脚本は『パラノーマル・アクティビティ 呪いの印』(2014)のクリストファー・ランドンが務めた。

映画『ハッピー・デス・デイ』は2019年6月28日(金)、続編『ハッピー・デス・デイ 2U』は2019年7月12日(金)にTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

『ハッピー・デス・デイ』『ハッピー・デス・デイ 2U』公式サイト:https://www.universalpictures.jp/micro/happydeathday

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly