Menu
(0)

Search

ディズニー『ヘラクレス』実写化企画が始動 ─ 『アベンジャーズ』ルッソ兄弟が製作、『シャン・チー』脚本家が就任

ヘラクレス
© Buena Vista Pictures 写真:ゼータ イメージ

ディズニーの人気アニメ映画『ヘラクレス』(1997)の実写化企画が始動し、プロデューサーに『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)監督のアンソニー&ジョー・ルッソが就任した。米The Hollywood Reporterなどが報じている。

アニメ『ヘラクレス』は、全知全能の神・ゼウスの息子、ギリシャ神話の英雄ヘラクレスの物語を原案に、人間界で育ったヘラクレスが神に戻るまでの冒険を描いたファンタジー・ミュージカル。監督は『リトル・マーメイド』(1989)や『アラジン』(1992)のほか、のちに『モアナと伝説の海』(2016)を手がけたジョン・マスカー&ロン・クレメンツが務めた。

報道によると、実写版は企画の初期段階にあり、新たな解釈の内容や、オリジナルのミュージカル要素が引き継がれるかどうかは不明。脚本には、マーベルの新作映画『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・ザ・テン・リングス(原題)』のデイブ・キャラハムが就任した。今後は『ワンダーウーマン 1984』や『スパイダーマン:スパイダーバース』続編も控える注目株だ。なお、ルッソ兄弟はプロデューサーとしての参加であり、監督は務めないという。

キャスティングについては、すでに主演にイドリス・エルバやライアン・ゴズリングを推す声が上がっているほか、ヒロインのメグ役として、先日ディズニーの音楽番組「The Disney Family Singalong」にて「I Won’t Say I’m in Love(恋してるなんて言えない)」を披露したばかりのアリアナ・グランデの名前も噂されている。ただし、現実的にキャストの出演交渉などはずいぶん未来のプロセスになるようだ。

あわせて読みたい

Source: The Hollywood Reporter

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly