Menu
(0)

Search

ディズニー『ヘラクレス』実写化企画が始動 ─ 『アベンジャーズ』ルッソ兄弟が製作、『シャン・チー』脚本家が就任

ヘラクレス
© Buena Vista Pictures 写真:ゼータ イメージ

ディズニーの人気アニメ映画『ヘラクレス』(1997)の実写化企画が始動し、プロデューサーに『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)監督のアンソニー&ジョー・ルッソが就任した。米The Hollywood Reporterなどが報じている。

アニメ『ヘラクレス』は、全知全能の神・ゼウスの息子、ギリシャ神話の英雄ヘラクレスの物語を原案に、人間界で育ったヘラクレスが神に戻るまでの冒険を描いたファンタジー・ミュージカル。監督は『リトル・マーメイド』(1989)や『アラジン』(1992)のほか、のちに『モアナと伝説の海』(2016)を手がけたジョン・マスカー&ロン・クレメンツが務めた。

報道によると、実写版は企画の初期段階にあり、新たな解釈の内容や、オリジナルのミュージカル要素が引き継がれるかどうかは不明。脚本には、マーベルの新作映画『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・ザ・テン・リングス(原題)』のデイブ・キャラハムが就任した。今後は『ワンダーウーマン 1984』や『スパイダーマン:スパイダーバース』続編も控える注目株だ。なお、ルッソ兄弟はプロデューサーとしての参加であり、監督は務めないという。

キャスティングについては、すでに主演にイドリス・エルバやライアン・ゴズリングを推す声が上がっているほか、ヒロインのメグ役として、先日ディズニーの音楽番組「The Disney Family Singalong」にて「I Won’t Say I’m in Love(恋してるなんて言えない)」を披露したばかりのアリアナ・グランデの名前も噂されている。ただし、現実的にキャストの出演交渉などはずいぶん未来のプロセスになるようだ。

あわせて読みたい

Source: The Hollywood Reporter

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly