Menu
(0)

Search

「ゲーム・オブ・スローンズ」新ドラマ、シーズン2製作に「かなりあり得る」とHBO幹部が自信 ─ 普段なら配信後に「吟味」とも

「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン(原題:House of the Dragon)」
Photograph by Ollie Upton/HBO

一世風靡を巻き起こした「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)の新ドラマシリーズ「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン(原題)」の配信が待たれている。全8シーズンが製作された本家のように、新シリーズも複数シーズン展開の可能性はあるのだろうか。

これに早くも前向きな姿勢の人物がいる。製作・配信を担う米HBOでコンテンツ部門最高責任者を務めるケイシー・ブロイス氏だ。米The Hollywood Reporterはブロイス氏に対して、シーズン1が配信開始される前にシーズン2の製作が決定する可能性について質問。ブロイス氏は公私の立場を区別しながら、次のように語っている。

「普通であれば、シーズン2がどういうものになるのか、または脚本についてを話し合うというアプローチを取ることが好まれます。しかし、我々はドラマがどれだけのパフォーマンスを見せてくれるのかを吟味したがる傾向にあります。そうは言っても、もし私が賭けるとすれば、『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』がシーズン2に進むというのはかなりあり得ますね。ただし、我々としては、放送してから時間を置くのを好むと思います。ほとんどの作品では、前に進めていくための準備があるんですけれど。」

「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」は、「ゲーム・オブ・スローンズ」の物語から約300年前に勃発したターガリエン家の内乱に焦点を当てた物語。原作小説『炎と血』(早川書房)は、ドラゴンを従えてウェスタロスを支配したターガリエン家を綴った年代記として、本家でエミリア・クラークが演じたデナーリス・ターガリエンの三代前の当主による征服から150年間を描いている。本シリーズの物語がどれだけのペースで進行していくのか、どのストーリーに重きを置くのかは定かでないものの、描く内容には不足しないだろう。

なお、現在ブロイス氏率いるHBOは、シーズン1の配信開始時期の検討に入っているところだという。遅くとも2022年中には配信されることは公式発表で判明しているから、首を長くして待つほかなさそうだ。

Source: THR

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly