『スパイダーマン:ホームカミング』世界興収7億ドル突破! ― 日本公開が後押し、『アメイジング・スパイダーマン2』超えへ

2017年8月11日より日本公開された、映画『スパイダーマン:ホームカミング』の全世界興行収入が7億ドルを突破したことがわかった。Boxoffice Mojoおよびアメリカの経済誌フォーブスが報じている。

2017年8月13日(現地時間)、『スパイダーマン:ホームカミング』の興行収入はアメリカ国内で約3億650万ドルを記録。これは『アメイジング・スパイダーマン』シリーズ(2012, 2014)の国内興行収入を上回る数字となっている。
また同日、本作の全世界興行収入は7億200万ドルを突破した。日本での劇場公開が7億ドルの大台に乗る後押しとなったとみられ、フォーブス誌によると、日本ではすでに710万ドル(=約7億7,000万円※8月14日13時時点)の収入を記録しているという。日本興収の詳細については、追って国内での情報発表を待とう。

スパイダーマン:ホームカミング

©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.


その一方、米国を除いた海外興収を確認すると、実は『スパイダーマン:ホームカミング』よりも『アメイジング・スパイダーマン』シリーズのほうが未だ高い記録を保持している状況だ。なぜなら米国興収では前シリーズ2作より『ホームカミング』が優れた結果を出しているにもかかわらず、米国・海外を合計した総興行収入では『アメイジング・スパイダーマン』2作の方が大きな数字となっているのである(2012年の第1作は約7億5,800万ドル、2014年の第2作は約7億900万ドル)。

ただし今回、『スパイダーマン:ホームカミング』の世界興収が7億200万ドルを突破したことで、本作が『アメイジング・スパイダーマン2』の記録を超えることは遠からず間違いない。また中国での劇場公開後も記録を伸ばすことができれば、『アメイジング・スパイダーマン』の記録を塗り替えることもありえない話ではないだろう。どこまで粘り強く戦ってくれるのか、今後の推移にも注目したい。

映画『スパイダーマン:ホームカミング』は2017年8月11日より全国の映画館にて公開中

Sources: https://www.forbes.com/sites/scottmendelson/2017/08/13/box-office-spider-man-tops-700m-wolf-warrior-2-tops-titanic-and-avengers/#76f589343a6a
http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=spiderman2017.htm
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。