Menu
(0)

Search

ミニカー「ホットウィール」実写映画化 ─ J・J・エイブラムス製作会社がワーナーとタッグ

イメージ写真 Photo:Stefan-Xp https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Hot_Wheels_Modellauto.jpg

世界最大規模の玩具メーカー、米マテル社が製造する人気ミニカー・ブランド「ホットウィール」を実写映画化する企画が始動するようだ。『スター・ウォーズ』続3部作のJ・J・エイブラムス率いる製作会社バッド・ロボットとワーナー・ブラザース、マテル社がタッグを組むことが明らかとなった。米Deadlineが報じている。

世界で80億台以上の販売数を誇るホットウィールは、ミニカーだけでなく、ファッションやゲーム、アクションスポーツといった分野におけるグローバルリーダーとのコラボレーションを通じ、長年にわたってポップカルチャーへの影響力を証明してきたブランドだ。

現時点では、ホットウィールの実写版映画の概要やキャラクターなどの詳細は明かされていない。マテル社傘下マテル・フィルムズのケヴィン・マッキーオン副社長とクリエイティブ・エグゼクティブのアンドリュー・スキャンネルが映画プロジェクトを率い、ワーナー・ブラザース・ピクチャーズのピーター・ドッド副社長がリード・エグゼクティブを担当。バッド・ロボットの映画部門で責任者を務めるハンナ・ミンゲラとジョン・コーエンが監修にあたるとのこと。

マテル・フィルムズでエグゼクティブ・プロデューサーを務めるロビー・ブレナーは、ホットウィールの実写版映画のついて次のように語っている。

「車カルチャーの世界的なリーダーとして、ホットウィールは何世代にもわたって自動車ファンのチャレンジ精神に火をつけてきました。幅広い年齢層のファンが楽しめるよう、J・J・エイブラムス率いるバッド・ロボットの素晴らしき才能がワーナー・ブラザース・ピクチャーズと共に、ビッグスクリーンでホットウィールの伝説的な知的財産をスリリングな物語に変えるために参加してくれます。」

なお、カーアクションをテーマにした映画といえば、『ワイルド・スピード』シリーズが第11作をもって完結する。ホットウィールが新たなカーアクション映画の人気タイトルになる可能性もある。

マテル社はバービー人形も実写映画予定

Source:Deadline

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly