Menu
(0)

Search

『ハリー・ポッター』映画20周年、再結集イベントは「現時点で計画なし」 ─ ダニエル・ラドクリフが明かす

ハリー・ポッター
TM & © 2001 Warner Bros. Ent. , Harry Potter Publishing Rights © J.K.R.

2021年11月、『ハリー・ポッター』映画シリーズの第1作『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001)が劇場公開20周年を迎える。現在もファンに愛され、『ファンタスティック・ビースト』シリーズで世界観を拡張している『ハリー・ポッター』だが、オリジナルキャストの再結集はありうるか……。

Entertainment Tonightでは、ハリー・ポッター役を演じたダニエル・ラドクリフ「現時点での計画はありません」とコメントした。現在、ダニエルは撮影のためドミニカ共和国に滞在中。「これからも忙しくて、年末まであれこれやることがあるんです」と語った。「お祝いのようなものはあるだろうと思うんですが、僕たちが集まるとか、そういうことがあるかどうかは知りません。ガッカリさせてしまったらすみません」

2021年5月の報道によれば、米ワーナーメディアは、『ハリー・ポッター』映画20周年を記念したクイズ番組、シリーズを振り返るスペシャル番組を企画中。前者はシリーズのファンが魔法ワールドの知識を競う全4回のシリーズで、後者の詳細は明かされていない。どちらも2021年後半より米国にて放送・配信予定だ。なおコロナ禍においては、懐かしの作品の出演者・スタッフがオンラインで再結集するイベントや番組が多数実施されてきた。バーチャルでの再会はハードルが比較的低いとみられるが、『ハリー・ポッター』でもいずれ叶うことになるかどうか。

ちなみに出演者の中で、特にシリーズへの愛情を積極的に表明しているのが、ドラコ・マルフォイ役のトム・フェルトン。2021年6月には、ダニエルやハーマイオニー役のエマ・ワトソン、ロン役のルパート・グリントとリモートで話したことを明かしていた。「20年経ったなんて信じられる?って話をしました。みんな、見た目は当時とまったく変わらないですよ。ルパートなんてそのまんま」。

あわせて読みたい

Sources: Entertainment Tonight, People

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モーリタニアン 黒塗りの記録

【レビュー】『モーリタニアン 黒塗りの記録』シリアスと娯楽性のバランス ─ カンバーバッチも自ら出演志願した理由とは

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

Ranking

Daily

Weekly

Monthly