ハルク 強すぎて仲間から宇宙に追放されるも、自力で帰還しちゃう緑の怪物

ハルク

画像出典:https://www.pinterest.com/pin/231372499578806863/

ハルク(Hulk)は、MARVELコミックに登場するヒーローの一人で、印象的な緑色の巨体と圧倒的な怪力で知られています。
アメリカで「ハルク」といえば、「怪力」「化物」を意味するくらい、「力」の代名詞になっており、有名なプロレスラー「ハルク・ホーガン」のリングネームは、何を隠そうこのハルクに由来しています。

ハルクの本名、別名

本名 ロバート・ブルース・バナー
職業 物理学者
初登場 The Incredible Hulk vol. 1, #1

hulk01fc1

「怪物か、人間か、それとも…その両方か」
画像出典:http://kirbymuseum.org/blogs/dynamics/2010/08/31/jack-kirby-interview-part-iii/

 

ハルク誕生のストーリー

米軍が極秘裏に開発した新型爆弾ガンマボム
後のハルクとなる物理学者ブルース・バナー博士は、この爆弾の爆破実験に参加していました。

Hulk1-2-1_zps1b8a5a53

画像出典:http://kirbymuseum.org/blogs/dynamics/2010/08/31/jack-kirby-interview-part-iii/

すべての準備は万端であり、あとは起爆スイッチを押してその威力を確かめるだけ。
その時、どこから迷い込んだのか一人の少年が実験場に現れました。

ブルースはこの少年を救うために実験場に飛び込み、少年の手を引いて逃げ出すのですが、まさかのタイミングで起爆スイッチポチー。
爆発に巻き込まれてしまったブルース・バナーは大量のガンマ線を浴びてしまいました。

Hulk1-4-1_zps75507ed6

画像出典:http://kirbymuseum.org/blogs/dynamics/2010/08/31/jack-kirby-interview-part-iii/

普通だったら死んでいたはずのバナー。しかし、大量のガンマ線は彼の体に特殊な変化をもたらしていました。

Incredible_Hulk_102-09

画像出典:http://sacomics.blogspot.jp/2010/10/hulk-102-107.html

全身に大量のガンマ線を浴びてしまった副作用として、彼は「怒り」の感情が高ぶると体が緑色に変化し、巨体化するという恐ろしい体に生まれ変わってしまったのです。

さらに変身した後の巨人はブルース・バナーの理性でコントロールする事ができず、怒りが収まるまで暴れまくるため甚大な被害を周囲にもたらしてしまうのです。

彼の存在を危険視したアメリカ軍は彼の抹殺を試みますが、その圧倒的なパワーを目の前に、為す術もありませんでした。

ハルクの変身が解かれ、ブルース・バナーへと戻る彼は毎回、ハルクとして自分が世間に与えた被害を目の当たりにし自己嫌悪。
彼自身も周りに被害を与えないように、また米軍に見つからないように、当てのない逃避行を続けるのでした。

ハルクの驚異的な能力

ハルクは他のヒーローのように念力や特殊能力を持ち合わせていません。
また、変身前のブルース・バナー博士こそ物理学者として天才的な知性を持っていますが、いざハルクに変身すれば理性はぶっ飛び目に映る者すべてをブチ壊す暴走怪力モンスターと化します。
しかし、マーベルコミック界における“パワー”の代名詞といっても過言ではないキャラクターである彼の圧倒的な力は、数多くの修羅場をくぐってきたヴィランはおろか、長年戦ってきたベテランのヒーローでさえ恐れおののくほど強大です。

映画「アベンジャーズ」一作目では、ロキと対峙したトニー・スタークが「こっちにはハルクがいる」と自信満々に答えていましたね。

こっちにはハルクがいる

ロキ「私には軍隊がいる」トニー「こっちにはハルクがいる」
画像出典:https://www.pinterest.com/pin/373728469050336167/

その力はハルク自身の怒りの感情と比例してどんどん上昇していき、基本的な物理の法則はおろかその気になれば宇宙の法則でさえ捻じ曲げるほどの破壊力を秘めています。

そんなのあり?ハルクのスゴすぎるパワーが光る名場面BEST3

第3位:上空の戦闘機叩き落とし

SavageHulkLeap13258

画像出典:http://www.comicvine.com/forums/hulk-187/what-makes-the-hulk-incredible-749271/

上空の戦闘機からの爆撃を受け、ブチ切れたハ ルク。
「ハルク、あの飛行機バラバラにして止める!」と言いながら戦闘機の飛ぶ高さまで大ジャンプ
そのまま真っ二つにカチ割りつつ着地「グラァァァァァ!」とか叫び狂いながら八つ裂きにしてしまいます。

ハルクの信じられないパワーを前に為す術もない戦闘機パイロットの半泣きフェイスをご堪能ください。

ハルクにやられる戦闘機のパイロット

 

第2位:ハンドクラップで全員気絶

SavageHulkThunderclap01004

画像出典:http://www.comicvine.com/forums/hulk-187/what-makes-the-hulk-incredible-749271/

敵に囲まれたと思ったら、頭上で両手をバチン!とハンドクラップ。
次のコマでは全員ぶっ倒れています。こうして無事ハルクは自慢の脚力で空へ飛び立って行きましたとさ。

第1位:隕石破壊

GreyHulkStrikingPower05

画像出典:http://www.comicvine.com/forums/hulk-187/what-makes-the-hulk-incredible-749271/

……もはや何も言うことはありません。

番外編:対アベンジャーズ 

321

画像出典:http://wanderingsofironman.blogspot.jp/2010/07/incredible-hulk-321-322.html

あのアベンジャーズをはじめとするヒーロー達とも単体でやりあえる。
スーパーヒーロー達が束になってもかなわない、それがハルクなのです。

ワールドウォーハルク:強すぎて島流しに遭うも、自力で帰ってきちゃった事件

このように、無茶苦茶すぎるハルクの破壊力を危惧した一部のヒーローたちは、ハルクを宇宙に追放するというこれまた無茶苦茶な決定を下し、衛星の修理の手伝いという名目のもとハルクをシャトルに押し込み大気圏外に放り出した後、シャトルを爆破して宇宙空間に追放するというおおよそヒーローとは思えない手法を用いてハルクを地球から追放しました。ただのいじめです。

20130622231520eaf

画像出典:http://michaelgoraku.blog22.fc2.com/blog-entry-501.html

しかし、宇宙レベルの”島流し”にあったハルクは、流れ着いた惑星のコロシアムで優勝、そのまま独裁者を倒して覇権を握り、
より強くなってヒーロー達に復讐するために地球に帰ってきました。
恐ろしすぎるよハルク…。

宇宙から帰還したハルク

「ただいま〜」
画像出典:http://www.comicvine.com/forums/battles-7/world-war-hulk-red-hulk-cosmic-hulk-vs-superboy-pr-1477809/

この際アベンジャーズ、X-MEN、ファンタスティック・フォーがハルクの対処にあたりましたが、逆に対処にあたったチームすべてが壊滅寸前まで追い込まれました。
ハルクさんマジごめんなさい。

実写版ハルクの遍歴

アベンジャーズで更に有名となったハルクですが、これまでに幾度と無く実写化されています。

1977年 ドラマ版

1977年の実写ドラマではブルース・バナーをビル・ビクスビー、ハルクをルー・フェリグノが演じています。

1977年版ハルク

画像出典:http://muland.seesaa.net/article/422217123.html

1977年ドラマ版ハルク

画像出典:http://blog.voidblossom.com/wp-content/uploads/2012/10/

2003年 映画「ハルク」

2003年の実写映画版ではエリック・バナが演じました。

2003年版ハルク

画像出典:http://blogs.yahoo.co.jp/unno1/30212726.html

2003年版ハルク

 画像出典:http://blog.goo.ne.jp/livin_on_a_prayer/e/ecf54b62835ec36963636d52461d47bb

2008年 映画「インクレディブル・ハルク」

2003年の「ハルク」の不評による汚名挽回と、マーベル・シネマティック・ユニバースへの世界観統合のため、2008年にエドワード・ノートン主演でリブート。
アイアンマンやS.H.I.E.L.Dの関与が見られる描写がファンの心をくすぐりました。
また、他のMCU作品との整合性を図るために、ハルク出生の背景はガンマ爆弾ではなく、かつてスティーブ・ロジャースことキャプテンアメリカが投与された超人血清の再現実験の際に誕生したという設定に変更されました。

img_0 (1)

画像出典:http://blogs.yahoo.co.jp/unno1/33644666.html

2008年 インクレディブル・ハルク

画像出典:http://www.fanpop.com/clubs/the-incredible-hulk/images/1195260/title/incredible-hulk-2008-stills-photo 

2012年 映画『アベンジャーズ』

『インクレディブル・ハルク』でブルース・バナー/ハルクを好演したエドワード・ノートンでしたが、アベンジャーズへの続投は実現しませんでした。
ギャラ交渉の決裂などの説もあるのですが、エドワード・ノートン本人はインタビューで以下のように語っています。

「さまざまな理由で出演することができなかったんだ。ハルクを演じるのはとても楽しかったよ。ただ横柄だと思わないでほしいんだけど、僕はああいった種類の映画に出演することに時間を費やしたいとは思わないんだ。ほかにたくさんやりたいことがあるからね」

http://www.cinematoday.jp/page/N0045018

2012年 映画『アベンジャーズ』

というわけで、アベンジャーズからはマーク・ラファロが演じています。

avng23

画像出典:http://lunarmodulediary.blog35.fc2.com/blog-entry-820.html

アベンジャーズでのハルク

画像出典:http://www.fanpop.com/clubs/the-incredible-hulk/images/36100695/title/hulk-avengers-photo

アベンジャーズでのブルース・バナーは、は同じ科学者であるトニー・スタークと意気投合。
ロキの杖の分析など共同作業を行い、最新作ではハルクになっても破れないスターク印の超伸縮パンツ(特許出願中)を開発してもらいました。
しかし、ひとたびハルクに変身してしまうと、ロキの暗躍もあり原作同様大暴走。他のメンバーとトラブルを起こしたりていました。

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』ではナターシャ・ロマノフことブラック・ウィドウと良好な関係を築き、彼女によってある程度コントロールを得ていました。
しかし、スカーレット・ウィッチの精神攻撃を受けて暴走。

万が一の時の事があった時のため、トニーと共同開発していた秘密兵器ハルクバスターの力でかろうじてハルクを押さえ込みましたが、同時に周囲に甚大な被害を及ぼしてしまいます。
これによりアベンジャーズは世間に対する信用を失ってしまいました。

ハルク対ハルクバスター

画像出典:http://screenrant.com/avengers-2-iron-man-vs-hulk/

最終的にナターシャを傷つけないように行方をくらましてしまったバナー。

キャプテンアメリカシビルウォーでの参戦が見送られた彼が今後どのように復活するのかが大変楽しみなところです!

About the author

THE RIVER編集部が選りすぐりの情報をお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ