Menu
(0)

Search

アナキン「砂は大嫌いだ」のネタ化、ヘイデン・クリステンセンは「気にしていない」 ─ 『スター・ウォーズ エピソード2』より

スター・ウォーズ エピソード2/ クローンの攻撃
©Lucasfilm Ltd 写真:ゼータイメージ

「砂は大嫌いだ。ザラザラして、痛くて、息が詰まる。どこにでも入るしね」

これはアナキン・スカイウォーカーが『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(2002)でパドメ・アミダラに話したことだ。惑星ナブーの美しい湖畔で2人きりの時間を過ごすアナキンとパドメ。パドメが、学生の頃は砂の上に寝そべって過ごす時間が好きだったと話すと、アナキンは砂に対する個人的な嫌悪感を明かした。

アナキンは砂漠の惑星タトゥイーンで奴隷として育てられた過去があるので、砂というものへのトラウマを持っていることには納得である。しかし、このシーンには妙なぎこちなさがあった。おまけにアナキンは、「ここ(ナブー)とは違う。ここは全てが優しく、滑らかだ」と続け、これにかこつけて指先でパドメの素肌に触れる。生々しい気恥ずかしさがあるこのシークエンスは、ファンの間ではネタ扱いされ、「砂が嫌いなアナキン」はミーム化された。

アナキンが砂を軽蔑していることは理解できますよ」。最近になって、アナキン役のヘイデン・クリステンセン語っている。「彼は砂漠の惑星で育ったわけですから。良い思い出がないんです」。

ネットでミーム化していることについては「気にしていませんよ」と笑顔を見せるヘイデンは、まるでナブーのように優しい。もっとも、2022年5月27日より配信開始の新ドラマ「オビ=ワン・ケノービ」でヘイデンは、恐ろしき暗黒卿ダース・ベイダーを再演する。ベイダーが砂よりも憎む相手、それがオビ=ワンだ。ドラマでは、ベイダーとオビ=ワンの運命の再戦が描かれる。“あんたが憎い!”

Source:Kino Plus

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly