『イット・フォローズ』製作陣による極限心理スリラー『イット・カムズ・アット・ナイト』日本公開決定 ─ 92分の絶望があなたを襲う

『イット・フォローズ』(2014)がお好みなら、是非チェック。

極限心理スリラー『IT COMES AT NIGHT』(原題)が、『イット・カムズ・アット・ナイト』の邦題にて2018年11月23日(金・祝)より日本公開を果たす。『イット・フォローズ』の製作陣と、2012年の設立以降『ムーン・ライト』(2017)、『エクス・マキナ』(2016)、『ア・ゴースト・ストーリー』(2018)など、刺激的な話題作を世に放ち続ける北米最注目の映画会社A24による最新作だ。

イット・カムズ・アット・ナイト

© 2017 A24 Distribution,LLC


監督は、全米のインディペンデント映画賞を多数受賞した経歴を持ち、鬼才ジョン・ウォーターズ監督にその手腕を絶賛された新鋭トレイ・エドワード・シュルツ。主演は『ザ・ギフト』で長編初監督と主演を務めた実力派俳優ジョエル・エドガートン。監督の才能に惚れ込み、製作総指揮としても本作に参加した。ひたひたと迫り来る闇と、疑心暗鬼が渦巻く世界。92分の絶望があなたを襲う。

夜やってくる正体不明の“それ”から逃れるため、 森の中の一軒家に隠れ住むポール一家の元に、ウィルと名乗る男とその家族が、助けを求めてやって来た。ポールは“それ”の侵入を防ぐため「夜入口の赤いドアは常にロックする」というこの家のルールに従うことを条件に、彼らを受け入れる。うまく回り始めたかに思えた共同生活だったが、ある夜、赤いドアが開け放たれていたことが発覚。互いへの猜疑心と、迫り来る“それ”への恐怖が、少しずつ2家族の本性を露にしていく。新しくやってきた家族は何者なのか、そして彼らを追い詰める“それ”とは一体…?疑心暗鬼に陥った彼らは、予想だにしない結末へと突き進んでいく──。

2018年秋以降は、ホラー・スリラー系の新作映画が続々公開となる。中でも『イット・カムズ・アット・ナイト』は、要注目の一本となりそうだ。

映画『イット・カムズ・アット・ナイト』は、2018年11月23日(金・祝)新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。

『イット・カムズ・アット・ナイト』公式サイト:https://gaga.ne.jp/itcomesatnight/

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。