Menu
(0)

Search

『インディ・ジョーンズ』第5作、前作から続投の脚本家が離脱 ─ スピルバーグ監督の降板後に決意

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦
Supplied by LMK 写真:ゼータ イメージ

ハリソン・フォード主演、大ヒット冒険映画シリーズインディ・ジョーンズ』第5作(タイトル未定)から、前作『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(2008)より続投していた脚本家デヴィッド・コープの離脱が明らかになった。米Colliderのインタビューにて、コープ本人が認めている。

2020年2月下旬、これまでのシリーズ4作を手がけたスティーブン・スピルバーグの監督離脱が発表。それから約3ヶ月後の5月下旬、後任者として『LOGAN/ローガン』(2017)『フォードvsフェラーリ』(2019)のジェームズ・マンゴールド監督が正式に就任したことがわかっている

インタビュアーから企画の関与について訊かれたコープは、「もう関わっていません」と返答。離脱の時期については、「ジェームズが参加したときです」と明かしている。新たな世代に引き継ぐことで、物語に新しい視点を取り入れられる、シリーズを前進させられることを理由に自ら降板を決意したスピルバーグ同様、コープも次のフィルムメーカーに『インディ・ジョーンズ』第5作のバトンを託したようだ。

「ジェームズは監督にふさわしいと思います。私はスティーブンと一緒に脚本をいくつか執筆しました。スティーブンが離脱した時、ジェームズに任せるべきだと思ったんです。脚本を本人が書くのか、もしくは彼が望む他の人に託すのか。」

本作のプロデューサーを務めるフランク・マーシャルは、マンゴールド監督の就任を認めた際、「脚本は始まったばかり」と語っていた。コープの発言を考慮に入れると、脚本はこれまでの草稿を引き継いだものとはならず、マンゴールド監督により一新されたものになる可能性もあるだろう。

なお、本作の米国公開日は、2021年7月9日から2022年7月29日へ1年延期となっている。2020年内の撮影開始が見込まれているというが、新型コロナウイルスの状況次第で予定は変わり得るだろう。

映画『インディ・ジョーンズ』第5作(タイトル未定)は2022年7月29日に米国公開予定。

Source:Collider

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly