Menu
(0)

Search

『イン・ザ・ハイツ』ドウェイン・ジョンソン&アリアナ・グランデの絶賛映像が到着 ─ ワールドプレミアからキャスト&監督コメントも

イン・ザ・ハイツ
© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

『ハミルトン』リン=マニュエル・ミランダによる傑作ブロードウェイ・ミュージカルの映画版イン・ザ・ハイツより、アリアナ・グランデ&ドウェイン・ジョンソンらが登場する特別応援映像と、2021年6月9日(水)に開催されたワールド・プレミアのレポートが到着した。

公開前からアリアナ・グランデやヒュー・ジャックマンが絶賛し、米国のジャーナリストや批評家が出来栄えを称えていた本作は、米Rotten Tomatoesにて96%フレッシュを獲得。このたび公開された映像には、アリアナ&ドウェインらのコメントのほか、米国での盛り上がりがたっぷりと収められている。

『イン・ザ・ハイツ』ワールドプレミア上映レポート

『イン・ザ・ハイツ』は2021年6月11日に全米3456スクリーンで公開され、世界的ロングランヒットが期待されている。公開に先がけ、6月9日には、アメリカ最大の映画祭のひとつ「トライベッカ映画祭」にて、オープニング作品としてワールドプレミア上映が実施された。イエローカーペットにはキャストやジョン・M・チュウ監督が登壇し、主演のアンソニー・ラモスは「パンデミック後初のプレミア上映イベントだ!」と興奮をあらわにした。

イン・ザ・ハイツ
© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved
イン・ザ・ハイツ
© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

アンソニー・ラモス(ウスナビ役)

このキャラクター(ウスナビ)と映画は、自分にとって特別なもの。演技を続けていこう、という強いインスパイアを受けました。舞台でも映画でも同じ役を演じられるなんて、めったにないことだから誇りに思っています。(撮影を通じて)僕たちはどんどん親密な関係になっていきました。一緒にいろいろなことをやり遂げて、絆がどんどん強くなっていった。今後、何年もこの関係を続けていければ良いと思います。

(『イン・ザ・ハイツ』という)人々が感動するような作品に参加できてうれしい。感動するだけでなく、日常に変化を起こそうと思わせるような作品。それが映画の力ですよね。僕らの仕事を観て、なにかを感じてもらえたらうれしいです。幸せになったり、悲しくなったり、笑ったり、泣いたり……なにかを感じてもらえる映画になっていればうれしく思います。

メリッサ・バレラ(ヴァネッサ役)

夢が叶ったという気持ちです。初めてブロードウェイで観て以来、舞台の大ファンだったから。この場所(ワールドプレミア会場)にいられて、美しい家族の一員になれて光栄です。ジョン(・M・チュウ)とリン(=マニュエル・ミランダ)が作った、この家族は本当に特別なもの。映画そのものより大きく感じるし、私も代表として、その一部に加われてうれしいです。

(この作品が)映画業界がもっと良くなる契機になればと思います。大スペクタクルだから、大きなスクリーンで見てほしい。私はもう7回観たけれど、スクリーンで観る前は何かが欠けていた。スクリーンで見たら、「こんなの観たことない」と思いましたね。作品にのめり込んで、まるでワシントンハイツに行った気になると思います。今こそ、劇場に戻る時だと思う。暗闇で、電話もなく、物語に入り込む体験。それが今、必要なものだと思います。ぜひ劇場で観てください。

イン・ザ・ハイツ
© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

ジョン・M・チュウ(監督)

(原作のミュージカルを)ブロードウェイで観て感動して、どうしても映画化したいと思っていました。僕はワシントンハイツの出身ではないし、ラテン系でもないし、カリフォルニアの中華料理屋で育ちました。だけどリンが描いたのは、僕自身の家族の話だった。初めて観たときから10年を経て、やっと夢が叶いました。打ち合わせのためにリンとコーヒーショップで会った時、彼は『ハミルトン』の役柄の髪型で怖かったですね。

脚本家のキアラ(・アレグリア・ウデス)とは、かなり時間をかけて話し合いました。僕が知っている映画についてのこと、映画にできて舞台にはできないこと、綿密に話し合いながら決めていきました。リンは僕たちに自由にやらせてくれましたね。一度壊して、それから再構築する。だから、この映画は、厳密には舞台とは違うバージョンです。楽しんでもらえたらうれしいですね。

リン=マニュエル・ミランダ(原作・音楽・製作・出演)

ニューヨークのトライベッカ映画祭、『イン・ザ・ハイツ』のワールドプレミア上映に僕たちはいる。ジョン(・M・チュウ)は偉大な映画を作ったと思います。初めて大きなスクリーンで観たとき──家では一度も観ていないんだけど──同じコミュニティの人と見てほしい映画だと思いました。なぜなら、コミュニティがあることの幸福についての話だから。身の安全が一番だけど、ワクチン接種を終えていて、映画館に行けるのなら、『イン・ザ・ハイツ』を、劇場に戻ったあと初めて観る映画にしてほしいと思います。

(撮影のため)ロケハンに行ったとき、信じられないと思いました。地元への愛を描いた映画を、自分の地元で撮れたのは最高の体験だった。この美しいコミュニティに暮らしていることを誇りに思いたい、感謝を伝えたいと思ったんです。だから、地元の人たちにぜひ見てほしい。だけど、僕は近くに住んでいるのでプレッシャーですね。良くないという噂が立ったら困るから。

映画『イン・ザ・ハイツ』は2021年7月30日(金) 全国ロードショー

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly