Menu
(0)

Search

『イン・ザ・ハイツ』ドウェイン・ジョンソン&アリアナ・グランデの絶賛映像が到着 ─ ワールドプレミアからキャスト&監督コメントも

イン・ザ・ハイツ
© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

脚本家のキアラ(・アレグリア・ウデス)とは、かなり時間をかけて話し合いました。僕が知っている映画についてのこと、映画にできて舞台にはできないこと、綿密に話し合いながら決めていきました。リンは僕たちに自由にやらせてくれましたね。一度壊して、それから再構築する。だから、この映画は、厳密には舞台とは違うバージョンです。楽しんでもらえたらうれしいですね。

リン=マニュエル・ミランダ(原作・音楽・製作・出演)

ニューヨークのトライベッカ映画祭、『イン・ザ・ハイツ』のワールドプレミア上映に僕たちはいる。ジョン(・M・チュウ)は偉大な映画を作ったと思います。初めて大きなスクリーンで観たとき──家では一度も観ていないんだけど──同じコミュニティの人と見てほしい映画だと思いました。なぜなら、コミュニティがあることの幸福についての話だから。身の安全が一番だけど、ワクチン接種を終えていて、映画館に行けるのなら、『イン・ザ・ハイツ』を、劇場に戻ったあと初めて観る映画にしてほしいと思います。

(撮影のため)ロケハンに行ったとき、信じられないと思いました。地元への愛を描いた映画を、自分の地元で撮れたのは最高の体験だった。この美しいコミュニティに暮らしていることを誇りに思いたい、感謝を伝えたいと思ったんです。だから、地元の人たちにぜひ見てほしい。だけど、僕は近くに住んでいるのでプレッシャーですね。良くないという噂が立ったら困るから。

映画『イン・ザ・ハイツ』は2021年7月30日(金) 全国ロードショー

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly