Menu
(0)

Search

フェリシティ・ジョーンズ&エディ・レッドメイン『イントゥ・ザ・スカイ』公開決定 ─ 『博士と彼女のセオリー』タッグ、気球で人類の限界へ

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり
© 2019 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

フェリシティ・ジョーンズとエディ・レッドメインが気球に乗って人類の限界に挑む「The Aeronauts(原題)」が、『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』の邦題で2020年1月17日に日本公開されることが決定した。

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり
© 2019 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)のフェリシティ・ジョーンズと、「ファンタスティック・ビースト』シリーズのエディ・レッドメインが『博士と彼女のセオリー』(2015)ぶりの共演を果たす。


舞台は1862年、ヴィクトリア朝時代のロンドン。気象実験のため、気球で前人未到の高度世界記録に決死の覚悟で挑んだ2人の、知られざる実話を描く。主演のフェリシティ・ジョーンズは自由な気球乗りのアメリア、エディ・レッドメインは堅物の気象学者ジェームズを演じる。正反対の性格で対立ばかりのアメリアとジェームズは、共に飛行していく中で次第に心を通わせ、共に困難に挑んでいく。しかし高度が上がるにつれ、予想だにしない出来事が2人を待ち受けていた。

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり
© 2019 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

圧倒的迫力で魅せるカメラワーク、驚異の映像。今から約150年前の信じがたい実話を映画化した本作。海外メディアは「『ゼロ・グラビティ』に続く劇場体感型映画!」(Indie Wire)、「想像を絶する圧倒的臨場感」(The List)など絶賛評が多数寄せらせている。アクションシーンが多いフェリシティについては、「フェリシティがここまで身体を張る女優とは。間違いなく彼女の代表作の一本」(The Playlist)との評も。

監督のトム・ハーパーは「実際に気球に乗っているような感覚になってもらえるように作った。ぜひ大きなスクリーンで手に汗握る興奮の体験をして欲しい」と自信のコメントだ。

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり
© 2019 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

1862年ロンドン。天気を予測することが出来ると唱えて荒唐無稽とバカにされ、実験の資金も集められずにいた気象学者のジェームズは、気球操縦士のアメリアに頼み込み、彼女の気球飛行に同乗することを許される。それはアメリアにとっても、夫を亡くした悲しみから立ち直るための決意の飛行だった。美しくも神秘的な雲に魅せられ、突然現れた蝶の群れに驚嘆する二人。だが、前人未到の高度7,000メートルを超えた後、想像を絶する自然の脅威が待ち受けていた。

『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』は2020年1月17日(金)全国ロードショー。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly