Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/エンドゲーム』アイアンマン・マーク85、ホットトイズよりフィギュア立体化 ─ 背面エアフラップ開閉可能、ズッシリ合金に手応えアリ

【ムービー・マスターピース DIECAST】 『アベンジャーズ/エンドゲーム』1/6スケールフィギュア  アイアンマン・マーク85
(c) 2019 Marvel.

アベンジャーズ/エンドゲーム』のアイアンマン・マーク85が、ハイエンドなフィギュアで絶大な支持を集めるホットトイズの看板シリーズ「ムービー・マスターピース」よりフィギュア立体化を果たした。これをもって、ホットトイズにおける『エンドゲーム』シリーズがついにスタートだ。さらに進化したナノ・テクノロジーが展開する、最新鋭のパワードスーツ「マーク85」をとくと見よ。

【ムービー・マスターピース DIECAST】 『アベンジャーズ/エンドゲーム』1/6スケールフィギュア  アイアンマン・マーク85
(c) 2019 Marvel.

全高は約33センチ、可動は30箇所以上。ボディーに合金を使用することでメカニカルなキャラクターを再現する「ムービー・マスターピース DIECAST」として登場だ。劇中本来のメカニカルな装甲が持つ質感や、ズッシリと手応えを感じる重厚さを感じて欲しい。スケールは1/6。

ヘッドは2種が付属。1つ目は、ライトアップ機能対応のヘルメット。2つ目は新規造形となる、ロバート・ダウニーJr.の肖像権をクリアしたトニー・スタークのヘッドとなっている。

【ムービー・マスターピース DIECAST】 『アベンジャーズ/エンドゲーム』1/6スケールフィギュア  アイアンマン・マーク85
(c) 2019 Marvel.

レッドとゴールドのカラーリングが特徴的なアーマーは、合金に映える光沢感あるメタリックな塗装とともに、細かな汚れや傷などのウェザリングが施されている。

ボディー背面のエアーフラップは開閉が可能。両腿付け根にあたる腰部装甲は、上に開くことで脚部のさらなる可動域を確保。
また、柔軟なポージングを実現すべく、ウエストにもさらなる可動域を確保している。

【ムービー・マスターピース DIECAST】 『アベンジャーズ/エンドゲーム』1/6スケールフィギュア  アイアンマン・マーク85
(c) 2019 Marvel.

胸部の装甲は取り外しが可能で、内部の緻密に組み込まれたメカニカルな造形を堪能できる。
眼部、胸部のアーク・リアクター、両手のリパルサー光線発射部をはじめ、全身16箇所に、白く発光するLEDライトアップ機能を搭載。
アクセサリーとして、ボディーの背面に展開するナノ・ライトニング・リフォーカサーが付属している。

【ムービー・マスターピース DIECAST】 『アベンジャーズ/エンドゲーム』1/6スケールフィギュア  アイアンマン・マーク85
(c) 2019 Marvel.

付属の指関節まで可動するリパルサー光線ライトアップ対応の差し替え用ハンドパーツを併せて使用すれば、臨場感溢れるバトルシーンを数多く楽しむことができる。さらに、追加のシークレット・アクセサリーが後日公開予定だという。

【ムービー・マスターピース DIECAST】 『アベンジャーズ/エンドゲーム』1/6スケールフィギュア  アイアンマン・マーク85
(c) 2019 Marvel.

付属する6角形の台座は、自由に保持位置を変更できる専用のフレキシブル・ピラーを採用。映画のロゴなどがデザインされた特別仕様となっている。
もちろん従来のムービー・マスターピースと同スケールのため、これまでのコレクションと並べて飾ることもできる。

ギャラリー

発売概要

発売 2020年10月頃頃発売予定
定価 55,000円(税込)/トイサピエンス予約価格:46,800円(税込)
付属品 差し替え用ヘッド(トニー・スターク)、ナノ・ライトニング・リフォーカサー、シークレット・アクセサリー、差し替え用ハンドパーツ(×4)、特製台座
種別 ハイエンド1/6スケール可動式フィギュア
取扱店 東京フラッグシップ・ストア「トイサピエンス」 http://www.toysapiens.jp/
製品の詳細はこちらをご覧下さい。 http://www.hottoys.jp/item/view/100007899
『エンドゲーム』エクスクルーシブ・ストアも!

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly