Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』7日間で世界興収886億円を突破 ― 海外は韓国・イギリスで大ヒット

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
© 2018 MARVEL

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が、2018年4月25日に韓国・フランスなどで劇場公開を迎えてから、わずか7日間で全世界興行収入8億ドルを突破したことがわかった。ざっくり単純計算で1日あたり1億1,400万ドルほどを稼いでいるわけで……もはや想像を絶する金額であることは確かだろう。

Box Office Mojoによると、5月1日(米国時間)の時点で、本作の米国興収は3億580万ドルに到達。本作がオープニング興収記録の王座を奪った、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)に比肩するペースで3億ドルの壁を超えたことになる。同日時点で海外興収は5億250万を超えており、合計興収は8億840万ドルとなった(日本円で約886億円※1ドルあたり109.62円換算)。

なお、世界各国で特に大きなヒットを記録しているのは韓国(4,870万ドル)やイギリス(4,830万ドル)、メキシコ(3,640万ドル)。その後にはブラジル(2,840万ドル)、インド(2,600万ドル)、オーストラリア(2,570万ドル)、フランス(2,410万ドル)、ドイツ(2,110万ドル)、フィリピン(1,600万ドル)、インドネシア(1,590万ドル)、イタリア(1,490万ドル)、日本(1,330万ドル)、台湾(1,250万ドル)、スペイン(1,240万ドル)、タイ(1,220万ドル)、香港(1,150万ドル)、マレーシア(1,120万ドル)が並んだ。世界最大級の映画市場である中国では5月11日、同じく大きな興収が見込まれるロシアでは5月3日に劇場公開を迎える。

Variety誌によれば、本作は米国にて、まもなく訪れる公開後2度目の週末に1億~1億3,000万ドルの収入が見込まれるという。興行収入ランキングでは第1位に『フォースの覚醒』、第2位に『アバター』(2009)、第3位には『ブラックパンサー』(2018)が鎮座しているが、果たしてどこまで迫ることができるのか、今後の推移にも注目だ。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国の映画館にて公開中

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:http://cpn.disney.co.jp/avengers-iw/

Sources: Box Office Mojo, ComingSoon.net, Variety
© 2018 MARVEL

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly