Menu
(0)

Search

ジャレッド・レト、デンゼル・ワシントン&ラミ・マレックのスリラー映画に連続殺人鬼役で出演交渉中

ジャレッド・レト
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28316589680/

『スーサイド・スクワッド』(2016)ジョーカー役、『ブレードランナー 2049』(2017)などで知られるジャレッド・レトが、新作スリラー映画The Little Things(原題)にシリアルキラー(連続殺人鬼)役で出演交渉に入っていることがわかった。米Varietyが報じている。

本作はカリフォルニア州カーン群を舞台に、『イコライザー』シリーズのデンゼル・ワシントン演じる保安官ディークと、『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)ラミ・マレックが交渉中と報じられたロサンゼルス市警の頭脳派刑事バクスターが連続殺人鬼を追うストーリー。ディークは「ささいなこと(little things)」に鼻がきき、事件の手がかりを巧みに集めるが、捜査のためなら規則を破ることも厭わず、バクスターは苛立ちを覚えていく。ところが、ディークには暗い過去があって…。

今回の報道によると、ジャレッドは出演交渉の初期段階にあるとのこと。もし出演が実現すれば、デンゼル&ラミに追われる殺人鬼というキーパーソンを演じる。徹底したメソッド演技で知られるジャレッドは、『レクイエム・フォー・ドリーム』(2000)や『ダラス・バイヤーズクラブ』(2007)などで高い評価を受けてきた。殺人鬼役といえば、ジョン・レノンを暗殺した実在の殺人犯マーク・チャップマンを演じた『チャプター27』(2007)を思い出すファンも少なくないだろう。デンゼル、ラミとの共演にも大きな注目が集まるにちがいない。

脚本・監督は『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』(2017)『ザ・テキサス・レンジャーズ』(2019)のジョン・リー・ハンコック。プロデューサーは「ブレイキング・バッド」(2008-2013)「ベター・コール・ソウル」(2015-)のマーク・ジョンソンが担当しており、2019年9月の撮影開始が目指されているという。

マーベル映画『モービウス』は2020年夏米国公開予定

Source: Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly