Menu
(0)

Search

『モービウス』ジャレッド・レト、トイレ休憩中に車椅子を使っていた ─ 役作りのためと監督が証言

モービウス
(C)2022 CTMG. (C) & TM 2022 MARVEL. All Rights Reserved.

モービウス』の主人公は幼い頃から血液の難病に苦しんでいた天才医師、マイケル・モービウス。その症状のため身体の弱いマイケルは、松葉杖を使って歩いている。主人公を演じたジャレッド・レトは、その松葉杖撮影の合間にも使っていたのだという。

ジャレッド・レトといえば、『ダラス・バイヤーズクラブ』(2013)や『ハウス・オブ・グッチ』(2021)などで身体変化を伴う様々な役作りを徹底的に行ってきたことで知られる。本作でもまた、そのこだわりぶりは健在だったようだ。ジャレッドは本作の撮影中、トイレ休憩の際にも松葉杖を離さなかったという。それはもちろん役を維持しつづけるためのものだが、それではトイレ休憩の時間が長くなってしまうため、代わりに車椅子を使うことになったそうだ。

この度、Uproxxのインタビューにてメガホンをとったダニエル・エスピノーサ監督は、このジャレッドの役作りの真相について尋ねられたところ、イエス」と認めている。「ジャレッドが考え、そして信じていたことは、ノーマルなマイケル・モービウスを演じているときにも、その動きの痛みを知ることだったのでしょう。なぜなら、その痛みを彼はずっと抱えてきましたから。たとえ、彼が生きていて強いとしても、そこには違いがあるはずだと」。

松葉杖なしでは歩くことがままならなかったマイケルだが、のちにコウモリの血清を自身の体に投与したことにより、全身から力がみなぎり隆起した筋肉で覆われ、超人的な移動速度や飛行能力、レーダー能力を手にする。しかしその代償として、血への渇望が抑えきれなくなってしまう。

マイケルがそれまで感じていた痛みを理解することこそが、ジャレッドにとっての重要な役作りだったというわけだ。エスピノーサ監督もまた、役者は全員、このプロセスを信じています。そして監督というのは、その作品を出来る限り良いものにするためであれば、何でもサポートするものなのです」と支持している。

『モービウス』は公開中。

Source:Uproxx

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly