Menu
(0)

Search

ビリー・アイリッシュのワールド・ツアーに新星ジェシー・レイエズが帯同決定

ビリー・アイリッシュ(Bille Eilish)のワールド・ツアー『Where Do We Go?』で、カナダ・トロント出身のソウル/R&Bシンガー ジェシー・レイエズ(Jessie Reyez)がサポート・アクトを務めることが分かった。

ジェシーは現地時間3月9日から開催されるUS公演をはじめ、夏には英ロンドンのO2アリーナを含む10のヨーロッパツアーに参加する。

ビリーとジェシーの仲は以前より知られており、ビリーは米TV番組Jimmy Kimmel Live!にて「13歳の時にジェシーの音楽を見つけて、ファンになった」と明かしている。「それから、私が音楽を始めてから彼女の『Gatekeeper』って曲を聞いて、すごく感動したのを覚えています。“この曲は私が今まで人生で聞いた中で一番素晴らしい曲だ” って自分のアカウントに投稿したんです。その後ジェシーに会って意気投合。何度も会いました。」

2017年にリリースされた「Gatekeeper」は、歌手を目指す女の子が業界内の権力者を「ゲートキーパー(意味:門番)」に例え、未だに蔓る女性差別や女視などハラスメントについて歌っている。自身の経験を元に作られたとされるこの楽曲で、世界中に衝撃を与えた。

ジェシーは2020年3月27日にデビュー・アルバム『Before Love Came To Kill Us』を発売し、今作から新曲「Ankles」が3月6日に発表される。

コロンビアにルーツを持つカナダ・トロント出身のソウル/R&Bシンガーのジェシー・レイエズは2016年にリリースした「Figures」がカナダ国内でローカル・ヒットしたのをきっかけに、「Gatekeeper」とともに1st EP『Kiddo』を発表。2018年には全30公演の北米ツアーがソールド・アウトとなった。

グラミー賞に相当するカナダのジュノー賞では、2nd EP『Being Human In Public』が「最優秀R&B/ソウル・レコーディング賞」を受賞し、世界で注目を集めるようになった。

これまでにエミネム、サム・スミス、ルイス・キャパルディなど世界的アーティストとのコラボレーションを実現し、作曲家としてデュア・リパとカルヴィン・ハリスの「One Kiss」(2018)の楽曲制作にも携わっている。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly