Menu
(0)

Search

『スター・トレック』コンビ!J・J・エイブラムス&ザッカリー・クイント、往年映画スターの同性愛描く伝記を映画化へ

photo by Gage Skidmore

『スター・トレック』『クローバーフィールド』シリーズなどを手掛けたJ・J・エイブラムスが、ドラマ「HEROES」「アメリカン・ホラー・ストーリー」シリーズへの出演で知られるザッカリー・クイントと共に、新作伝記映画『Tab & Tony(原題)』の製作を務めることが分かった。

同作は『サイコ』(1960)のノーマン・ベイツ役で有名なアンソニー・パーキンスと、『くたばれ!ヤンキース』(1958)『ロイ・ビーン』(1971)で知られる俳優タブ・ハンターとの間で育まれた同性恋愛関係を描くもの。ミュージカル版『リトル・マーメイド』や『I Am My Own Wife(原題)』をはじめとする数々の舞台を手掛けた劇作家ダグ・ライトが脚本を執筆予定であるものの、企画は現在初期段階にあり、監督や出演者については未定だという。

同作のベースとなるのは、2005年に出版されたタブ・ハンターの自伝「Tab Hunter Confidential: The Making of a Movie Star(原題)」。ゲイがタブー視されていた1950年代のハリウッドにおいて、ハンターが同性愛者であるという事実と折り合いをつけようともがくさまが描かれている。同作は2015年に米国にてドキュメンタリー作品としても映像化されている。

エイブラムスと共に映画『Tab & Tony』を手掛けるクイントは、自身もまたゲイであることを2011年に公表し、LGBTの権利向上のために精力的に活動している人物だ。また『スター・トレック』シリーズでJ・J・エイブラムスとタッグを組んでいる他、近年では『オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜』『パラノーマル・エクスペリメント』(ともに2013)の製作総指揮を務めるなど、プロデューサーとしても頭角を現し始めている。今作でもその手腕が存分に発揮されることに期待したい。

Source: Variety
Photo:Gage Skidmore

Writer

まだい
まだいEriko

日々筋トレに励んでいます

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly