ジョン・ウィリアムズ『スター・ウォーズ エピソード8』の音楽制作をまもなく開始

スター・ウォーズ』シリーズの音楽を手がけてきた作曲家ジョン・ウィリアムズが、『スター・ウォーズ エピソード8』に新曲を書き下ろすことを明言した。

8月13日、ウィリアムズはタングルウッド音楽センターで開催されたコンサートに登場。『スター・ウォーズ』の楽曲を演奏するため、30分間にわたって指揮を執った。最後にウィリアムズは、『スター・ウォーズ エピソード8』の楽曲を数週間以内に作りはじめると述べたという。

ジョン・ウィリアムズ (Hilary Scott | BSO photo) http://www.masslive.com/entertainment/index.ssf/2016/08/john_williams_brings_star_wars.html

ジョン・ウィリアムズ (Hilary Scott | BSO photo)
http://www.masslive.com/entertainment/index.ssf/2016/08/john_williams_brings_star_wars.html

ウィリアムズはこれから『エピソード8』の仮編集版を観て楽曲制作に入るといい、たとえばレイの両親についても現時点では何も知らないようだ。

今回のオファーを引き受けた理由を、ウィリアムズは「デイジー・リドリーのレイに魅了されたから」だと語っており、「ほかの作曲家にレイのシーンを作曲させたくない」とまで言わしめている。モチベーションは相当高いとみられ、新たな名曲の誕生にも期待できるだろう。

『スター・ウォーズ エピソード8』は2017年12月15日米国公開予定。脚本・監督は新鋭ライアン・ジョンソンが務める。

source: http://www.masslive.com/entertainment/index.ssf/2016/08/john_williams_brings_star_wars.html

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。