Menu
(0)

Search

【スマホ推奨】『ジョン・ウィック:チャプター2』これでたったの30秒…?超高速&超高密度な「縦型映像」が登場!

ジョン・ウィック:チャプター2
(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C)Niko Tavernise

2015年公開、キアヌ・リーヴス主演の『ジョン・ウィック』は、銃+カンフーを融合したアクション「ガンフー」が大きな話題を呼んだ作品だ。その圧倒的なスピード感と映像センス、スタイリッシュなアクションで描かれる痛快な復讐劇は、“キアヌ・リーヴス完全復活”とも呼ばれて高い人気を獲得している。

そして2017年7月7日(金)、待望の続編『ジョン・ウィック:チャプター2』がいよいよ日本に上陸する。このたび、本作のアクションと映像センスを存分に味わえる「縦型映像」が解禁された。この映像の魅力を堪能できるのは、なんといってもパソコンではなくお手元のスマートフォン! 前作を観た人はもちろんのこと、まだ観ていない人は、その驚くべき映像にぜひ触れてみていただきたい。

最強の殺し屋が銃器を“テイスティング”

今回公開された映像は、伝説の殺し屋ジョン・ウィック(キアヌ・リーヴス)が仕事のために銃器一式をコース料理のようにひとつひとつ味わいながら揃えていく“テイスティング・シーン”だ。ウェポンソムリエを前にして優雅に武器を手に取るジョンの姿と、その威力を容赦なく披露するアクション・シーンが詰め込まれた超高速×超高密度の編集は、見る者にわずか30秒の映像とは思えない濃厚さを味わわせてくれる。まさに本編の魅力であるスタイリッシュなガン・アクションと映像センスを、この縦型映像そのものが表現しているといえるだろう。じっくり観る予告編とは異なり、スマートフォンでこそ没入感を味わえる仕掛けが楽しい。

なお本作『ジョン・ウィック:チャプター2』は、2017年2月10日に全米公開されると、前作の2倍以上の成績(約30億円)を記録する大ヒットを記録している。前作のキャストはもちろん、今回は『マトリックス』以来の共演となるローレンス・フィッシュバーンが登場することも大きな注目ポイントだ。全世界を舞台に繰り広げられる死闘を、スマホの次はぜひ劇場で目撃してほしい。

映画『ジョン・ウィック:チャプター2』は2017年7月7日(金)、TOHOシネマズみゆき座ほか全国公開
公式サイト http://johnwick.jp/

(文:Takatoshi Inagaki)

[vc_row][vc_column][fav-module-8 tag_slug=”ジョン・ウィック” sort=”random_posts” hide_title=”show_title” hide_meta=”hide_meta” posts_limit=”20″ custom_title=”ジョン・ウィック” custom_url=”https://theriver.jp/tag/ジョン・ウィック/” slider_post_row=”4″ slider_auto=”true” stop_on_hover=”true” navigation=”true” touch_drag=”true” slide_loop=”true” rewind_nav=”true” lazy_load=”true” module_meta=”false” author_name=”1″ time_diff=”1″ post_date=”0″ post_time=”0″ post_view_count=”1″ post_comment_count=”1″ text_align=”” module_bg=”” module_padding=””][/vc_column][/vc_row]

(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C)Niko Tavernise

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly