Menu
(0)

Search

『ジョン・ウィック』第4作、ビル・スカルスガルドが出演認める ─ 演じたことのない役柄、アクションのトレーニングは不要

ビル・スカルスガルド
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/42717006345/ Remixed by THE RIVER

キアヌ・リーブス主演、アクションシリーズ『ジョン・ウィック』第4作に、『アトミック・ブロンド』(2017)『IT/イット』シリーズなどのビル・スカルスガルドが出演することが正式に明らかとなった。

ビル・スカルスガルドが、『ジョン・ウィック』(2014)『ジョン・ウィック:チャプター2』(2017)『ジョン・ウィック:パラベラム』(2019)につづくシリーズ最新作に出演交渉中と報じられたのは、2021年6月初旬のこと。その後、続々と豪華俳優陣の出演が決まり、2021年6月下旬より撮影も開始される中、スカルスガルドの参加は不透明な状態となっていた。

Colliderの取材にて自ら参加を認めたスカルスガルドは、『ジョン・ウィック』のようなアクション映画が昔から好きだったとしながら、シリーズ最新作への出演が決まった経緯や、本作に惹かれた理由について以下のように説明している。

「チャド・スタエルスキ監督が僕に連絡をくださり、それから何度かお会いしたのですが、彼のことをとても気に入ったんです。詳しいことは話せませんが、本当に楽しい役で、楽しい世界でした。(『ジョン・ウィック』の)映画が好きです。エンターテイメントに溢れている作品だと思いますし、僕自身としても今までにやったことのないようなことでしたから。それがどんなものであれ、インスピレーションを常に与えてくれるものなんです。“今までにやったことのないプロジェクト、あるいはジャンルなんだから挑戦してみよう。そのジャンルの制約の中で存分に楽しんでみよう”と。だから、とても楽しみにしています。」

演じる役どころについては伏せられているが、スカルスガルドによると、アクションのためのトレーニングは不要とのこと。その上でスカルスガルドは、これまで演じてきた役柄とは異なるものになると改めて強調し、「だからこそ、この役をやりたかったんです」と続けている。

『IT/イット』シリーズといったホラージャンルでの印象が強い俳優だが、ジャンルを超えたり、多種多様な役柄を演じたりして、可能な限り多才になりたいと、ずっと前から考えていました」という。「コメディもやりたいし、アクションもやってみたく、出来るだけ多くのことをやりたいと思っています。それがこの業界で長く生きていくための秘訣でしょう」。スカルスガルドは役者として、ジャンルという枠にとらわれたくはないようだ。

キャストにはほか、『イップマン』シリーズのドニー・イェン、『密航者』(2021)のシャミア・アンダーソン、日本出身歌手のリナ・サワヤマ、『47RONIN』(2013)『モータルコンバット』(2021)の真田広之が名を連ねている。ランス・レディックはシリーズでおなじみのコンチネンタル・ホテルのコンシェルジュ・シャロン役、イアン・マクシェーンはウィンストン役として続投。さらに、『ザ・リディーマー』(2014)マルコ・サロールや、『ドクター・ストレンジ』(2016)スコット・アドキンスといったアクションスターが出演交渉中とも報じられていたが、現状は不明だ。

撮影はすでに開始済み。ドイツ・ベルリン、フランス・パリ、日本などで実施されると伝えられているが、現在の撮影地については明らかにされていない。2022年5月27日に米国公開予定だ。

Source:Collider

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly