Menu
(0)

Search

『ジョン・ウィック』第4作、『マイティ・ソー』クランシー・ブラウン出演決定

クランシー・ブラウン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19546547798/ | Remixed by THE RIVER

キアヌ・リーブス主演、アクションシリーズ『ジョン・ウィック』第4作に、クランシー・ブラウンが出演することがわかった。米Deadlineが報じている。

本作は、『ジョン・ウィック』(2014)、『ジョン・ウィック:チャプター2』(2017)、そして『ジョン・ウィック:パラベラム』(2019)につづくシリーズ最新作。このたび出演者として新たに追加されたクランシー・ブラウンは、『ハイランダー 悪魔の戦士』(1986)『影なき男』(1986)をはじめ、『ショーシャンクの空に』(1994)や、『スターシップ・トゥルーパーズ』(1997)などで知られる実力派俳優だ。そのほかには、『バトルフロント』(2013)『バスターのバラード』(2018)『プロミシング・ヤング・ウーマン』(2020)など数々の話題作にも出演しており、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)ではスルト役の声を当てた。役どころについては伝えられていない。

キャストにはほか、『IT/イット』シリーズなどのビル・スカルスガルド、『密航者』(2021)のシャミア・アンダーソン、『イップマン』シリーズのドニー・イェン、日本出身歌手のリナ・サワヤマ、『47RONIN』(2013)『モータルコンバット』(2021)の真田広之が名を連ねている。ランス・レディックはシリーズでおなじみのコンチネンタル・ホテルのコンシェルジュ・シャロン役、イアン・マクシェーンはウィンストン役として続投。さらに、『ザ・リディーマー』(2014)マルコ・サロールや、『ドクター・ストレンジ』(2016)スコット・アドキンスといったアクションスターが出演交渉中とも報じられていたが、現状は不明だ。

なお本作の撮影はすでに開始済み。ドイツ・ベルリン、フランス・パリ、日本などで実施されると伝えられているが、現在の撮影地については明らかにされていない。2022年5月27日に米国公開予定だ。

Source: Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly