ホアキン・フェニックス、DC単独映画『ザ・ジョーカー』出演を否定?「ちょっと何言ってるか分かんないです」

2018年2月8日(米国時間)、DCコミックス原作の単独映画『ザ・ジョーカー(仮題)』にホアキン・フェニックスが出演する可能性が報じられた。複数のメディアによって、ホアキンがワーナー・ブラザースとの契約交渉に入っていると伝えられたのだ。

しかし、このたびホアキン本人が『ザ・ジョーカー』への出演を否定するかのような言葉を口にしている

ホアキン・フェニックス、犯罪王子は演じない?


フランスの映画メディア、AlloCineのインタビューに登場したホアキンは、『ザ・ジョーカー』の話題を振られて困惑したそぶりを見せている。「ジョーカーの映画って何?」と真顔で聞き返す様子に、今度はインタビュアーが狼狽して、「ごめんなさい。あなたが(『ザ・ジョーカー』に)興味があるって、みんな言ってるんですよ」と説明する事態となっているのだ。ホアキンは「わあ、それはすごい」とリアクションすると、極めつけにこう述べている。

「ちょっと何言ってるか分かんないです(I have no idea what you’re talking about)。」

以前の報道によれば、ホアキンは『ザ・ジョーカー』の監督・脚本を務めるトッド・フィリップスの第一希望で、2017年内に面会を済ませていたという。これらの情報がすべて誤りだったのか、それともホアキンがとぼけているだけなのかはわからない。

『ザ・ジョーカー』は、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)や『ジャスティス・リーグ』(2017)などのDC映画ユニバースとは異なる世界観をもつ、独立した作品として製作される。主人公である“狂気の犯罪王子”ジョーカーは、『スーサイド・スクワッド』(2016)でジャレッド・レトが演じたジョーカーとは別の存在として描かれるようで、レト版ジョーカーには一切影響を及ぼさないようだ。

 

なお、本作は1980年代を舞台にしたストーリーとなり、いわゆるアメコミ映画らしいタッチではなく、現実的なトーンの犯罪ドラマになるという。トッド・フィリップス監督とともに脚本を執筆するのは、『8マイル』(2002)のスコット・シルバーだ。

映画『ザ・ジョーカー(仮題)』の劇場公開日など詳細は不明。ホアキンの言葉が真実なのかどうか、すべては正式発表を待つしかなさそうだ……。

Sources: http://www.allocine.fr/article/fichearticle_gen_carticle=18671094.html
https://theplaylist.net/joaquin-phoenix-joker-movie-20180226/

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。