ワーナー/DCコミックス、単独映画『ザ・ジョーカー』を製作! ― DCEUとは別路線、製作はマーティン・スコセッシ?

ワーナー・ブラザース/DCコミックスが、『バットマン』シリーズでおなじみのヴィラン“ジョーカー”の単独映画を製作することがわかった。米Deadlineなどが報じている。

Deadlineによると、単独映画『ザ・ジョーカー(仮題)』はジョーカーのオリジンを描くストーリーになる予定で、現在ワーナー/DCが展開しているDCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)とは別路線の作品になるという。
監督と脚本を手がけるのは『ハングオーバー!』シリーズなどのコメディ映画で知られるトッド・フィリップスで、共同脚本として『8マイル』(2002)や『ザ・ファイター』(2010)のスコット・シルバーも参加する。なおプロデューサーとして、巨匠マーティン・スコセッシが加わるようだ(ただしハリウッド・レポーター誌は、スコセッシの参加はまだ正式決定ではないと報じている。契約交渉中とみられる)。

1980年代の「犯罪映画」、ジャレッド・レトは出演せず


ジョーカーのオリジン・ストーリーにコメディ映画の監督、さらにマーティン・スコセッシ。
この奇妙な取り合わせの背景には、本作の興味深い設定がある。なにしろ『ザ・ジョーカー』の舞台は1980年代前半のゴッサムシティで、より現実的でリアル志向の犯罪映画を目指しているというのだ。ある目的を共有した人々の動きをダイナミックに(そしてコミカルに)描くのはフィリップス監督の得意とするところであり、またスコセッシにとっても手慣れた分野といえるだろう。フィリップス監督とシルバーは脚本の執筆を始めているようだが、製作は初期段階のため詳しいスケジュールは不明だ。

またDCEU作品『スーサイド・スクワッド』(2016)ではジャレッド・レトがジョーカー役を演じたが、本作はDCEUと別路線のためレトは出演しないという。Deadlineは、ジョーカー役に新たな若い俳優がキャスティングされるとみている。

本作はDCコミックス作品を原作とした新たなシリーズ(タイトル不明)の第1作として製作される。この新シリーズはコミックのストーリーをさらに拡大し、ユニークに描き出すもので、有名キャラクターを異なる俳優が演じるものになるようだ。すなわちスーパーマンやバットマン、ワンダーウーマンといったキャラクターも今後登場する可能性があるということか……?

いずれにせよ豪華スタッフによるジョーカーのオリジン・ムービー、全映画ファン注目の一作となりそうだ。

Sources:?http://deadline.com/2017/08/the-joker-origin-movie-todd-phillips-martin-scorsese-scott-silver-batman-dc-universe-1202154053/
http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/joker-movie-works-hangover-filmmaker-1031828

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。