Menu
(0)

Search

『ジョーカー』パリの映画館でパニック発生 ─ 上映中に男性が「アッラー・アクバル」と叫び観客が避難

ジョーカー
(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

2019年10月27日(現地時間)夜、ホアキン・フェニックス主演の話題作『ジョーカー』を上映していたパリの映画館で騒動が起こった。映画の上映中、観客の一人が立ち上がって「アッラー・アクバル(アラブ語で「神は偉大なり」の意)」と叫んだことから、観客がパニックを起こして警察が出動。テロリストの疑いがあるとして取り調べを行ったという。29日、パリ検察庁が発表した。

報道によると、事件が起こったのはパリ最大の映画館「ル グラン レックス」。『ジョーカー』の上映中、34歳の男性が大声で「政治的だ」と騒ぎはじめ、複数回にわたって叫び声を上げはじめた。最初は観客たちも笑っていたとされるが、ほかの観客から「静かにしろ」との注意を受けたのち、立ち上がって「アッラー・アクバル」と叫んだという。これをきっかけに劇場内はパニックとなり、大勢の観客が出口へと走り出している。


観客のうち数名と警備員が男性を取り押さえたものの、男性は映画館から逃走し、その後、近くの通りにいたところを警察によって逮捕された。男性は武装していなかった。米Varietyが劇場主に取材したところ、この騒動で30人の観客が劇場を去ったものの、200人以上は映画を最後まで観るため劇場にとどまったとのこと。なお爆弾処理班による捜査の結果、映画館から武器や爆発物は発見されなかった。

逮捕された男性は、事件当日の27日は拘束され、翌28日には精神病院へ送致された。男性はフランス検察庁の取り調べを受けているほか、映画館からの告訴を受けている。

なおVarietyによると、事件が起きた『ジョーカー』の上映を訪れていた観客のうち数名が、騒動のさなかで盗難の被害に遭ったと証言しているとのこと。今後は男性が騒動を起こすことを計画していたかどうかに加え、盗難事件を働いた共犯者がいるかどうかも視野に入れて捜査が行われる見込みだ。

『ジョーカー』は米国において、劇場公開前から「現実の犯罪を誘発する可能性がある」との物議を醸し、ワーナー・ブラザースや主演のホアキン・フェニックス、トッド・フィリップス監督らを巻き込んでの社会現象となっていた。米国公開直後には映画館での手荷物検査が行われるなど、警察や軍が警戒態勢を敷いたことも世界的に話題となり、実際に警察が出動する事件も発生している。この背景には、2012年に『ダークナイト ライジング』上映中の劇場で銃乱射事件が起こったという背景がある。米国や欧州では、テロリストが犯行直前に「アッラー・アクバル」と叫んだ事件の例も数多く伝えられており、今回の場合も、たった一言で劇場がパニックに陥ったのは当然の出来事だったといえるだろう。

あわせて読みたい

Sources: Variety, Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly