Menu
(0)

Search

DC映画『ジョーカー』ベネチア映画祭が熱狂、8分間の喝采と圧倒的絶賛 ─ 「世界を転覆させる、まさにジョーカーが望んだ映画」

ジョーカー
(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

心優しい男は、なぜ悪のカリスマへと変貌したのか――。ホアキン・フェニックス主演、“狂気の犯罪王子”ジョーカーの誕生を描くDCコミックス原作映画『ジョーカー』が、2019年8月31日(現地時間)にベネチア国際映画祭でワールドプレミアを迎えた。

コミック映画としては稀有な映画祭参戦、業界内での早くからの絶賛、アカデミー賞有力との予想。話題に事欠かない『ジョーカー』の記念すべき初上映では、実に8分間に及ぶスタンディングオベーションが起こり、満員の客席からは歓声が上がった。去るカンヌ国際映画祭では『ロケットマン』が4分間、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が7分間の喝采に包まれたが、その上を行く熱狂ぶりだ。さらに米国の大手レビューサイトRotten Tomatoesでは、早くも批評家スコア87%という高得点を記録(9月2日0時現在)。さっそく、いち早く本編を観た人々の声を聞いてみよう。


“狂気の犯罪王子”に映画祭が熱狂

スティーヴン・ワインストラウブ(Collider)

「ワーナー・ブラザースが、なぜ『ジョーカー』をベネチア国際映画祭やトロント国際映画祭で上映することにしたのかがやっと分かりました。『ジョーカー』は傑作。たまたまコミック映画だっただけ。ホアキン・フェニックスはオスカーにノミネートされるでしょうし、この映画も映画賞に輝く可能性は十分ある。」

エリック・デイヴィス(Fandango)

「『ジョーカー』は、DCで一番アイコニックなヴィランを通した、(マーティン・)スコセッシの『キング・オブ・コメディ』に対する大胆かつ素晴らしいラブレター。心が死ぬまで生き始められなかった、虐げられていた一人の男を描く、ダークで、不穏で、残酷で、悲しい映画です。ホアキン・フェニックスは本当に良い。」

アレックス・ビリントン(FirstShowing.net)

世界は『ジョーカー』以前と、『ジョーカー』以後に分けられる。世界がこの映画に備えているのかどうか、僕には分かりません。たぶん、備えているんだと思うんですけど。本当に素晴らしく、クレイジーで、斬新で、容赦がない。この映画が存在することが信じられないけど、確かに存在するし、公開されるんです。」

マイケル・パークス(Geeks Of Color)

「『ジョーカー』でのホアキン・フェニックスの演技はまさしくオスカーにふさわしい。彼は精神的にも肉体的にも役柄に全力を投じています。トッド・フィリップス(監督)は革新的なコミック映画を作ってくれました、もう一度観るのが楽しみ。」

アワイス・アーファン(THN)

『ジョーカー』は傑作だ。本当にメチャクチャ。最高に邪悪で不愉快で、この映画が存在することにとにかくショックを受けています。これこそDC映画であり、すごくダークで不穏。ただ僕は怖がっているし、とにかく錯乱してるんです。まったく予想していなかった…。」

ジェームズ・ジョーンズ(映画監督)

「こんなに『ジョーカー』が良いなんて信じられません。まさにマスターピース。愉快で、ダークで、美しくて、怒りに満ちていて、超クール。ホアキン・フェニックスは素晴らしいし、すべてのショットが見事。」

「まさにジョーカーが望む映画」

プレミア上映の直後から多くのコメントが寄せられた『ジョーカー』は、すでに海外メディアの各媒体にてレビュー記事が公開されている。そこでもホアキンの演技をはじめ、作品の仕上がりに絶賛の言葉が綴られているわけだが、特に注意したいのは、本作が2019年現在をストレートに“撃つ”作品になっているらしいことだ。

たとえば米Varietyの場合、『ジョーカー』を「現実世界で起きていることを表現した貴重なコミック映画」だと形容し、米VitalThrillsも「現在の世界を反映しているこの映画に何を見るのか、多くの議論が生まれることでしょう。そして、モンスターがどのように誕生するのかということにも」とコメント。米IndieWireは「世界を転覆させ、その過程で我々を狂わせる作品」だとも記した。「良くも悪くも、まさしくジョーカーが望むだろう映画です」。このことを証明するかのように、一部ではすでに「ゴミ映画」「中二病」「無内容」など、とても批評家の言葉とは思えぬほど激しい罵詈雑言も聞かれているのだ。

ジョーカー
(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

コミック映画の枠から“狂気の犯罪王子”を解き放った『ジョーカー』は、どうやら想像を超える猛毒を全世界にばら撒くことになりそうだ。ちなみにIndieWireいわく、本作は「『ダークナイト』(2008)以来、間違いなく最も大胆な“スーパーヒーロー”映画の革新」であり、「真に独創的な、21世紀もっとも掟破りなスタジオ大作として記憶される」作品だという。とにかく心の準備だけは忘れないで。

主人公アーサー・フレック/ジョーカー役は、『ザ・マスター』(2012)『her/世界でひとつの彼女』(2013)などのホアキン・フェニックス。人気司会者マーレイ役でロバート・デ・ニーロ、シングルマザー役で『デッドプール2』(2018)ザジー・ビーツ、アーサーの母親役で「シックス・フィート・アンダー」(2001-2005)フランセス・コンロイが出演する。脚本・監督は『ハングオーバー!』シリーズのトッド・フィリップス。共同脚本は『8マイル』(2002)『ザ・ファイター』(2010)のスコット・シルバーが担当し、プロデューサーには俳優ブラッドリー・クーパーが名を連ねた。

映画『ジョーカー』は2019年10月4日(金)日米同日、全国ロードショー

Sources: Deadline, Variety(1, 2, 3), Rotten Tomatoes

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly