Menu
(0)

Search

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』最新予告映像が公開 ─ 今度のゲームはバグだらけ、砂漠アリ・馬アリ・おじいちゃんアリの超難関

ジュマンジ/ネクスト・レベル

テレビゲームの世界から、高校生4人は生きて帰れるのか。『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(2017)の続編映画『ジュマンジ/ネクスト・レベル』より最新予告映像が公開された。


前作でのゲームクリアから2年。当時まだ高校生だったスペンサー、マーサ、フリッジ、ベサニーはそれぞれの道を進み、今では大学生になっていた。ところがスペンサーはあの時の興奮が忘れられないスペンサーは、粉々に破壊したはずの「ジュマンジ」をこっそり修理し始め、またしてもゲームの中に吸い込まれてしまう。スペンサーを救出するため、残された3人は再びジュマンジにログインするのだった。ただし、キャラは選んでいない。

「ジュマンジ」の世界は現在もキャラクターの“スキル”と“弱点”は健在。しかし、「言語能力」や「ヌンチャク」などパワーアップしたスキルを手に入れたキャラクターもいれば、よりによって砂漠のステージで「暑さ」「太陽」「砂」という絶望的な弱点が与えられてしまったキャラクターもいる。しかも壊れたゲームの世界はバグだらけで、キャラの入れ替わり設定はメチャクチャ、しかもスペンサーのおじいちゃんたちもゲームの中に入ってきてしまった。前作ではオヤジのオベロン教授(ジャック・ブラック)になった少女ベサニーは、なんと今回は馬。姿の見えないスペンサーは、いったいどのステージで、どんなキャラクターになっているのか……。

ジャングルのみならず、砂漠、氷山、吊り橋などの新ステージが追加され、難易度もレベルアップした今回は、おじいちゃんコンビも揃ってゲームに挑戦。まずは身体自在に動くことに喜びつつ、免許返納必至のドライビング・テクニックで砂漠ステージのクリアに挑む。完全に“無理ゲー”と化した「ジュマンジ」で、一同はスキルを駆使してスペンサーを救出できるのか。そして再び謎を解き、生きて現実世界に帰れるのか。

前作を手がけたジェイク・カスダン監督のもと、本作にはドウェイン・ジョンソン、ジャック・ブラック、カレン・ギラン、ニック・ジョナスら出演者が再集結。『ツインズ』(1988)『バットマン リターンズ』(1992)のダニー・デヴィート、『リーサル・ウェポン』シリーズのダニー・グローヴァーという“おじいちゃんコンビ”、『オーシャンズ8』(2018)のオークワフィナが新たに加わった。

映画『ジュマンジ/ネクスト・レベル』は2019年12月13日(金)日米同時公開

あわせて読みたい

 

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly