【朗報】新たなDCアニメ『Justice League Action』アメリカ放送日とあらすじが発表!ジョーカー役にマーク・ハミルも再起用!

カートゥーン、OVA、ドラマといずれも高い評価を得ているDCの新たなアニメーション『Justice League Action』の放映日とパイロット版のあらすじが決まりました。

放送日は2016年12月26日。まだ日本での放送日は未定ですが、『Teen Titans GO』や『ヤングジャスティス』に続くTV放送のDCカートゥーンとなります。

パイロット版のタイトルは『Shazam Slam』。コミックでは全平行世界の中心にある重要なロック・オブ・エタニティで戦っていたブラックアダムとバットマンでしたが、ブラックアダムが封印されていたディジンの大群が解き放たれ、バットマンが蝙蝠のモンスターに変えられてしまうというもの。

タイトルの通り、シャザムもジャスティスリーグに加勢してディジンの撃破に協力するようです。パイロット版ということもあり、大勢のキャラクターを見ることができると予想できます。バットマンとジョーカーの声優にそれぞれケヴィン・コンロイとマーク・ハミルの再出演が決まっており、非常に嬉しいニュースです。

参考url:http://www.cbr.com/justice-league-action-debut-date-pilot-synopsis-revealed/

About the author

ライター、翻訳の小村健人です。アメコミは主にスーパーマン、フラッシュ、アクアマン、ブースターゴールド、ジャスティスリーグ、バットマンとそのファミリー誌を主に追っており、原書の知識もあります。カートゥーン、洋ドラも視聴。アメコミ記事を描くことが多いですが、何分まだ若輩者ですので知識に穴があるようでしたらコメント欄でお知らせいただけると幸いです(できればどのアークに収録されているかも教えていただければさらに幸いです)。

salarmko@outlook.jp

お仕事の依頼はこちらへ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。