完全に父親の表情…!『ジュラシック・ワールド/炎の王国』クリス・プラット、ヴェロキラプトル4姉妹の幼少期を振り返る本編映像

巨匠スティーヴン・スピルバーグによる名作『ジュラシック・パーク』(1993)から25周年の節目に登場する『ジュラシック』シリーズの最新作、映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』がいよいよ2018年7月13日(金)に公開される。
このたび本編から、クリス・プラット演じる主人公オーウェンが、ブルーをはじめとするヴェロキラプトル4姉妹の幼少期を捉えた映像を見つめる場面が公開された。

このたび公開されたのは、クリス・プラット演じる恐竜行動学のエキスパートであるオーウェンが、自身が育ててきたヴェロキラプトル4姉妹の“少女時代”を捉えた映像を見つめる場面。ジュラシック・ワールドのオープン当初から、オーウェンはヴェロキラプトル4姉妹(長女ブルー、次女チャーリー、三女デルタ、四女エコー)の調教師として、それぞれの行動を観察、丁寧に育て上げてきた。

ぴょんぴょんと飛び跳ねながらオーウェンに甘えたり、散らかったボールで無邪気に遊んだりと愛くるしいラプトルたちに、オーウェンが「ブルー!」と一度声をかけると、長女のブルーは妹たちを促し、オーウェンの前に全員整列。指示を待つかのようにオーウェンの目を見つめると、その行動に驚いたオーウェンは、思わず「見たか?」とカメラに目を向けるのだった。かつての思い出を懐かしむオーウェンの表情は、ジュラシック・ワールドの崩壊後、ジャングルと化したイスラ・ヌブラル島で孤独に生きるブルーを心配するようにも見える。これは…これは完全に父親の表情……。

ジュラシック・ワールド/炎の王国

(c) Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. and Legendary Pictures Productions, LLC.

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』では、火山の噴火で危機にさらされた恐竜を救出しようと試みるオーウェンやクレアたちの決断など、シリーズ史上初めて、恐竜のために行動を起こす人々の姿が描かれていく。前作の監督を務め、本作では製作総指揮・脚本を担当したコリン・トレボロウは、オーウェンとブルーの関係性が物語のカギになっていることを明かしている。

「ブルーという恐竜はキャラクターとして確立した存在なので、本作に再登場させることは当然の流れでした。単なる恐竜だという事実以上の存在感を持たせたかったんです。だから、オーウェンとの関係の背景や成り立ちを描くことが重要だった。[中略]オーウェンが非常に知的な生物であるブルーを訓練して意思疎通ができるようになったり、他者と共感したりできるようになる。人間からすると、動物にはないと思うような知性を、オーウェンはブルーから引き出すことに成功しているんです。」

ジュラシック・ワールド/炎の王国

(c) Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. and Legendary Pictures Productions, LLC.

 

またオーウェン役のクリス・プラットは、本作について「オーウェンのブルーとの関係について、さらに多くを見て、学ぶことになると思います。たとえばブルーがとても小さい頃の姿、オーウェンが最初にブルーを育てていたときの関係を見ることができる。関係が発展する様子を通して、人間と恐竜の関係がどういうものかが明確になっていくはずですよ」と語っている。

なお『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の公開日である2018年7月13日(金)には、インドミナス・レックスとの戦いでオーウェンとブルーが最高のチームプレーをみせた前作『ジュラシック・ワールド』が本編ノーカットで地上波放送される(日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」7月13日(金)夜9時00分~11時24分)。ぜひこの機会に復習しておきたい…!

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』は2018年7月13日(金)より全国ロードショー(配給:東宝東和)

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』公式サイト:http://www.jurassicworld.jp/

(c) Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. and Legendary Pictures Productions, LLC.

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。