Menu
(0)

Search

『ジュラシック・ワールド』第3作、製作が終了 ─ ラストの作業は「恐竜の咆哮」、監督が報告

コリン・トレボロウ
https://www.instagram.com/p/CV-y2JNKerq/

ジュラシック・ワールド』シリーズ3作目となる最新作ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題:Jurassic World: Dominion)』の製作が終了したことをコリン・トレボロウ監督が報告した。

『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』の米公開予定は、2022年6月10日。撮影は2020年2月下旬よりスタートし、途中でコロナ禍の影響による一時中断を経たが、同年11月に無事終了となった。以降、ポスト・プロダクション(撮影後作業)が進められており、このたび遂に、撮影開始から約1年7ヶ月にわたる製作にピリオドが打たれた。

製作・脚本・監督を兼任したトレボロウ監督は、Instagramで終了を報告。「昨晩、(恐竜の)最後の咆哮にちょっとしたエコーを加えました」と、製作のラストを飾った作業内容を共有している。また、製作を共にしたサウンドエディターのアル・ネルソンとグウェン・ウィットル、サウンド・ミキサーのピート・ホーナーとクリストファー・ボイズ、そして音響制作の中核をなす米スカイウォーカー・サウンドに感謝の気持ちを伝えた。

公開まで半年以上の期間を空けての終了となった『ドミニオン』。トレボロウ監督の終了報告に、『ジュラシック・パーク』シリーズから復帰を果たすアラン・グラント博士役のサム・ニールは、「お疲れさま、友よ」と温かい言葉をコメント欄に残している。シリーズの公式アカウントも拍手の絵文字マークを記し、終了を祝福した。

本作には『ジュラシック・ワールド』シリーズからオーウェン役のクリス・プラットとクレア役のブライス・ダラス・ハワードら主要キャストが続投するほか、『ジュラシック・パーク』シリーズからサム・ニールと共にエリー・サトラー役のローラ・ダーン、イアン・マルコム役のジェフ・ゴールドブラムが復帰する。

映画『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』は2022年6月10日米公開予定。

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly