公開遅れも何のその!『ジュラシック・ワールド/炎の王国』日本興行収入、70億円を突破で全世界第3位に

“恐竜”に巨匠スティーヴン・スピルバーグが命を吹き込み、誰も観た事がなかったリアルでスリリングな映像体験をもたらした『ジュラシック』シリーズ。このたび、最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が、日本で興行収入70億円を突破したことが分かった。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』

© Universal Pictures

2015年の日本年間興行収入No.1に輝いた前作『ジュラシック・ワールド』(2015)。本作は、その前作の初週成績を大幅に更新すると共に、2週連続No.1の大ヒットスタートを切った。公開から約1ヶ月経った今もその勢いは衰えず、快進撃を続けている。2018年8月16日時点で累計観客動員数4,787,001人、累計興行収入7,102,867,700円を記録した。この数字は米国、中国に続き世界第3位の記録で、日本の約1ヶ月前から公開を迎えている各国の記録を抜き去るほど。猛烈なジュラシック愛を世界に見せつけている。


また、本作は公開された69の国と地域でNo.1を獲得し、全世界興行収入は約12億ドル(約1350億円)を突破。2018年8月17日現時点で、2018年度世界興行収入ランキング3位に輝いている。

圧倒的なスケールと、誰とでも楽しめるエンターテイメント性の高さで、恐竜級の存在感を放っている本作。IMAX、MX4D、4DXなど様々な上映形態があることから、最高のアトラクション体験を涼しい映画館で楽しめるとして、幅広い観客層の支持を集めている。シリーズ史上最高スケールの”ジュラシック体験”を劇場で。

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』は2018年7月13日より全国の映画館にて公開中

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』公式サイト:http://www.jurassicworld.jp/

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。