Menu
(0)

Search

キアヌ・リーブス、DC映画『コンスタンティン』再演を希望 ─ 「大好きな作品、もう一度演じたい」

キアヌ・リーブス
Photo by Nathan Congleton https://www.flickr.com/photos/nathancongleton/32517046162/

『マトリックス』『ジョン・ウィック』シリーズのキアヌ・リーブスが、DCコミックス原作映画『コンスタンティン』(2005)の主人公、ジョン・コンスタンティンの再演をひそかに希望しているようだ。

今回、キアヌは『ジョン・ウィック:パラベラム』のプロモーションで米Varietyのポッドキャストに登場。早くも3度目となるジョン・ウィック役のほか、2020年には『ビルとテッドの大冒険』シリーズの新作を控えていることを踏まえて、「他に再演してみたいキャラクターは?」との質問を投げかけられている。すると、キアヌはためらうことなくジョン・コンスタンティンの名前を挙げたのだ。

ジョン・コンスタンティンをもう一度演じたいとずっと思っているんです。僕はあのキャラクターが大好きだし、あの世界も大好き。演じられたこと、あの世界にいられたことは本当に楽しかったんですよ。」

私立探偵にして悪魔祓いのジョン・コンスタンティンを主人公とする実写映画『コンスタンティン』は2005年に製作され、キアヌのほか、レイチェル・ワイズやシャイア・ラブーフ、ティルダ・スウィントン、ピーター・ストーメアという魅力的なキャスティングが実現。スマッシュヒットとはならなかったものの、製作費1億ドルに対して世界興収2億3,000万ドルという成績を記録し、いまだ根強いファンを持つ一本だ。フランシス・ローレンス監督は2011年に続編のアイデアがあることを語っていたが、その後の進展はみられていない。

なおキアヌ主演による『コンスタンティン』の後、ジョン・コンスタンティンはテレビドラマ「コンスタンティン」(2014-2015)で再実写化された。その後、ドラマ「ARROW/アロー」シーズン4(2015-2016)や「レジェンド・オブ・トゥモロー」シーズン3・4にも登場。これらの作品でコンスタンティン役を務めているマット・ライアンは、複数のアニメ作品でも声優としてコンスタンティンを演じている。

『ジョン・ウィック:パラベラム』特報映像

Sources: Variety, ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly