Menu
(0)

Search

マーティン・スコセッシ、新作は2020年3月撮影予定 ─ レオナルド・ディカプリオ&ロバート・デ・ニーロ共演

ロバート・デ・ニーロ レオナルド・ディカプリオ マーティン・スコセッシ
[左]Photo by Georges Biard https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Robert_De_Niro_Cannes_2016_2.jpg [中・右]Photo by THE RIVER

Netflixオリジナル映画『アイリッシュマン』(2019)が世界待望の配信を迎えた巨匠マーティン・スコセッシ監督が、早くも次なる新作映画『キラーズ・オブ・ザ・フラワー・ムーン(原題:Killers of the Flower Moon)』の準備を進めている。

原作となるデイヴィッド・グラン著『花殺し月の殺人──インディアン連続怪死事件とFBIの誕生』(早川書房刊)は、1920年代のアメリカ南部、オクラホマ州で起こった先住民族オセージを狙った殺人事件をひも解く犯罪ノンフィクション。次々とオセージ族の人々が死亡していく背景には、その地で石油が見つかったことと関係していて……。石油マネーと政治、人種差別が事件の真相解明を阻む“アメリカ史の闇”に迫った一冊として、本国で絶賛されたベストセラーだ。


『ウルフ・オブ・ストリート』(2013)『沈黙 -サイレンス-』(2016)そして『アイリッシュマン』と、近年のスコセッシ作品で撮影監督を務めるロドリゴ・プリエトは、本作『キラーズ・オブ・ザ・フラワー・ムーン』にも続投。2019年11月中旬に行われたという米Colliderの取材にて、2020年3月の撮影開始を目指して準備が進められていること、オクラホマ州バーストルビルでカメラテストとリサーチが行われていることを明らかにした。

「今は撮影について様々な形でリサーチをしているところです。だから(スコセッシとは)また実際に会わないといけないし、そこで僕は画を見せたり、アイデアを提案することになるでしょう。おそらく彼にも考えがあると思います。映画のトーンはまだ決まっていません。」

『花殺し月の殺人』の映画化企画が始動したのは2017年4月で、その後、2018年10月に本格化。出演者にはスコセッシと深い信頼関係で結ばれているレオナルド・ディカプリオロバート・デ・ニーロが起用されている(正式発表はなされていない)。ディカプリオは事件を捜査するトム・ホワイト、デ・ニーロは“オセージ・ヒルズの王”と呼ばれた名士で連続殺人鬼のウィリアム・ヘイルを演じる見込みだ。脚本は『フォレスト・ガンプ/一期一会』(1994)や『ミュンヘン』(2005)のエリック・ロスが執筆した。

Sources: Collider, Deadline(1, 2

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly