ゴジラVSコング始動!『キングコング:髑髏島の巨神』予告編はもう観た?過去のキングコングをおさらいしよう!

続編ではゴジラとの対決が待っているリブート版『キングコング』最新作の予告編が公開されました。

キングコング『リブート』?歴史を軽くおさらい

リブートとは「再起動する」という意味で、「過去の作品とは切り離し、改めて最初から仕切りなおす」こと。キャストや設定、すべて一新し、新たな『キングコング』のストーリーが始まるということです。

さて『キングコング』といえば、古くは、エンパイア・ステート・ビルで大暴れする姿が印象的な、1933年の作品。

https://ianfarrington.wordpress.com/2016/07/04/king-kong-1933-merian-c-cooper-and-ernest-b-schoedsack/

https://ianfarrington.wordpress.com/2016/07/04/king-kong-1933-merian-c-cooper-and-ernest-b-schoedsack/

そして、色っぽい美女ジェシカ・ラングに恋し、彼女の服をじわじわと脱がしていくコングの目つきがいやに生々しかかった1976年版。(美乳です。殿方必見!)

http://www.elmundo.es/cultura/2015/10/01/560cddf7ca4741df2a8b456f.html

http://www.elmundo.es/cultura/2015/10/01/560cddf7ca4741df2a8b456f.html

近年では、2005年に『ロード・オブ・ザ・リング』3部作のピーター・ジャクソン監督がリメイク。1933年のオリジナルが一番好きな映画 と公言しているぐらい、コング好きのジャクソン監督のド迫力映像+オリジナルの踏襲。

http://www.stitchedtogetherpictures.com/2014/05/07/everything-wrong-with-peter-jacksons-king-kong/

http://www.stitchedtogetherpictures.com/2014/05/07/everything-wrong-with-peter-jacksons-king-kong/

キング・コングのストーリーって?

オリジナル版のストーリーはいたってシンプル。

  1. 謎の孤島・スカル島で巨大生物がいるという噂を聞きつけた映画監督がキング・コングを発見
  2. 原住民がコングの生贄として美女を捉える
  3. 生け捕りにされたコングがNYで見世物にされる
  4. NYで暴れるコング、そして悲劇的な結末

というパターンです。

ゴジラVSコング、シリーズ4部作ラインナップ

『キングコング:髑髏島の巨神』はワーナーと組んだレジェンダリー・ピクチャーズの「ゴジラ・コング」シリーズの2作目にあたり、日米怪獣大乱闘になりそうです。体長は100フィート(約30メートル)とキングコング史上最大の大きさ。しかし『GODZILLA ゴジラ(2014年』の体長が355フィート(約108メートル)もあるのに比べれば俄然小さいです。どうやって、なぜ、闘うことになるのかその経緯も楽しみです。

ラインナップを整理してみましょう:
 1作目 ギャレス・エドワーズ監督の『GODZILLA ゴジラ』(2014年)
 2作目 『キングコング:髑髏島の巨神』(2017年)
 3作目  ラドン、モスラ、キングギドラ入り乱れての『 GODZILLA2  ゴジラ2 』(2019年)
 4作目 『 Godzilla vs. Kong 』(2020年)

あ、ローランド・エメリッヒ監督のトカゲ「ガッジーラ」は忘れてください。

巨大生物、続々登場にワクワク!

https://themoviemylife.com/category/fantasy/

『ルーム』でアカデミー女優主演賞を受賞したブリー・ラーソンとアメコミ「ソー」の弟「ロキ」役のトム・ヒドルストン https://themoviemylife.com/category/fantasy/

監督はジョーダン・ボート=ロバーツ。調査遠征隊のリーダー・コンラッド(トム・ヒドルストン)や戦争写真家ウィバー(ブリー・ラーソン)、サミュエル・L・ジャクソンも出演しています。未知の生物を求め、調査遠征隊が謎の島に潜入。そこで彼らが遭遇したものは!

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/kingkong/

日本ですでに作られていた東宝の『キングコング対ゴジラ』もご覧あれ。

About the author

マイ・ベストは中年ロックンローラが再起する『スティル・クレイジー』SF・ミステリー・英国・カルト映画。ホラー狂。酔狂。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。