Menu
(0)

Search

アンソニー・ホプキンス主演『リア王』米国版予告編、公開される ― 舞台は現代、米Amazonにて配信

https://www.youtube.com/watch?v=ETNWHHczj1w 動画サムネイル

ウィリアム・シェイクスピアによる“四大悲劇”のひとつ「リア王」を、名優アンソニー・ホプキンスを主演に迎えて映像化した『リア王(邦題未定、原題:King Lear)』の米国版予告編が公開された。米国Amazon Prime Videoでは2018年9月28日より配信される。

80歳のリア王は退位のため、3人の娘であるゴネリルとリーガン、コーディリアに領地を分配することを決意する。自身への愛情によって領地を与えようとしたリア王は、自らに媚びることを拒んだ末娘のコーディリアを追放。しかし力を得たゴネリルとリーガンは、逆に父親を国から追い出すのだった。同じころ、首相のグロスターは息子たちに裏切られて身を隠すことに。リアは狂気に堕ち、グロスターは盲目になり、国と家族が混沌と戦争に呑まれていくなか、リアとコーディリアは再会する……。

アンソニー・ホプキンス主演による『リア王』は、英BBCとAmazonの共同製作によるもの。英BBC Twoでは2018年5月28日に放送されており、このたび満を持しての米国配信となる。「リア王」は過去に何度も映像化されており、この戯曲を原案として黒澤明が『乱』(1985)を、ジャン=リュック・ゴダールが『ゴダールのリア王』(1987)を製作したことも知られている。

このたびの映像化で脚本・監督を務めたのは、『あるスキャンダルの覚え書き』(2006)や『アザーマン -もう一人の男-』(2008)のリチャード・エアー。通常の舞台化であれば3時間以上、時には4時間にも及ぶ大作を、115分という長さにシェイプアップしての脚色となる。また、注目すべきは舞台設定を21世紀の“架空の国”に置き換えているところ。「リア王」という名作戯曲が孕む現代性がいかにあぶり出されるか、その手腕に期待がかかる。

リア王役のアンソニー・ホプキンスをはじめ、本作は共演者にも豪華な布陣がそろった。リアを追い込む娘のゴネリル役には『ハリー・ポッター』シリーズや『ハワーズ・エンド』(1992)、『いつか晴れた日に』(1995)のエマ・トンプソン、同じく娘のリーガン役には『奇跡の海』(1996)や『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)のエミリー・ワトソン。末娘コーディリア役には『Lady Macbeth(原題)』(2016)での演技が評価され、クリス・パイン主演のNetflix映画『Outlaw King(原題)』(2018)ではヒロインを演じる新鋭女優フローレンス・プーが起用された。グロスター首相役には『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(2011)などの名優ジム・ブロードベントが配されている。

テレビ映画『リア王(邦題未定、原題:King Lear)』は2018年9月28日より米国Amazon Prime Videoにて配信。日本での配信情報が待たれるばかりだ。

Sources: Prime Video, Collider
Eyecatch Image: Prime Video 動画サムネイル

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Tags

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly