Menu
(0)

Search

【独占】メキシコの怪談ホラー『ラ・ヨローナ ~泣く女~』ヴィンテージポスターを入手 ─ 血の涙を流す女、白骨化した子どもたち

ラ・ヨローナ ~泣く女~
© 2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

世界興行収入累計1,500億円を超える大ヒットホラー『死霊館』シリーズの天才、ジェームズ・ワンが新たな恐怖で世界を震撼させる――。メキシコの怪談を映画化した新作ホラー、『ラ・ヨローナ ~泣く女~』が2019年5月10日(金)に全国公開される。

このたび、THE RIVERでは本国版ヴィンテージ・ポスターを独占入手。恐怖の泣き女(ヨローナ)の発祥の地であるメキシコをイメージした一枚だ。


ヨローナとは、古くから語り継がれるメキシコの怪談に登場する“泣く女”。愛する夫が浮気をしたことで嫉妬に狂い、夫が世界で一番愛する我が子を溺死させた女は、後悔から嘆き苦しみ、ついには自ら川に身を投げ、今もこの世を彷徨っている。ヨローナの涙が枯れることはない。彼女は水のあるところに現れる。生き延びたければ、決して水に近づいてはいけない。

このたび独占入手したポスターに描かれているのは、我が子を想い、自分すらも呪って血の涙を流す女の姿。その涙で書かれたような「ああ、私の子どもたち…(Ay, Mis Hijos…)」という言葉とともに、彼女が溺死させた子供たちの骸骨も描かれている。目から流れ出した血は、まるで水たまりのように女の足元に広がっている……。

ラ・ヨローナ ~泣く女~
© 2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

『ラ・ヨローナ ~泣く女~』

1970年代のロサンゼルス。不可解な死を遂げた子供の母親が不吉な警告を発する。その言葉を無視したソーシャルワーカーのアンナと彼女の子どもたちは、ほどなくして、ある女の泣き声を聞くのだった。その日から恐ろしい現象に襲われはじめた家族が教会に助けを求めたところ、そこで語られたのは、すすり泣く女“ヨローナ”の存在。ヨローナはプールやバスタブ、トイレであろうが、水のある所に現れる。アンナと子どもたちは、逃げ場のない恐怖から逃れられるのか……。

プロデューサーのジェームズ・ワンが「よく観るタイプのホラーとは一線を画した恐怖を描く」と語る本作で監督を務めたのは、『死霊館』シリーズ第3作にも就任した新鋭マイケル・チャベス。『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)の脚本家ゲイリー・ドーベルマンも製作に名を連ねた。主人公アンナ役を『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)『グリーンブック』のリンダ・カデリーニ、神父役を『アナベル 死霊館の人形』(2014)のトニー・アメンドーラが演じる。

ラ・ヨローナ ~泣く女~
© 2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

映画『ラ・ヨローナ ~泣く女~』は2019年5月10日(金)全国公開

『ラ・ヨローナ ~泣く女~』公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/lloronamoviejp/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly