Menu
(0)

Search

スタジオライカ最新作『Wildwood』が本格始動 ─『KUBO/クボ』トラヴィス・ナイト監督作

https://www.instagram.com/p/CT2LidsFGFx/

『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(2016)などで知られる制作会社、スタジオライカによるストップ・モーション映画『Wildwood(原題)』の製作が本格始動したことがわかった。10年に渡り進められてきた企画だ。米IndieWireなどが報じている。

この投稿をInstagramで見る

LAIKA Studios(@laikastudios)がシェアした投稿

ストップモーションとCG技術を組み合わせて、唯一無二の世界観を観客に届けてきたスタジオライカ。『コララインとボタンの魔女 3D』(2009)、『パラノーマン ブライス・ホローの謎』(2012)、『ボックストロール』(2014)、『KUBO/クボ』、『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』(2019)に続く6作品目となる最新作で監督を務めるのは、トラヴィス・ナイト。スタジオライカ作品の監督としては、『KUBO/クボ』に続いての登板となる。

コリン・メロイによるYAファンタジー小説を基に脚色を担当したのは、『ミッシング・リンク』のクリス・バトラー。あらすじは以下の通りだ。

「ワイルドウッドとは、ポートランドの市街地を越えたところにある場所。そこには足を踏み入れてはいけない。その場所の存在を知ることすら出来ないはずだ。しかしプリュエ・マキールは、そんなワンダーランドに入ろうとしていた。弟のマックが、カラスによって森の奥深くに連れ去られてしまったのだ。そこで彼女は、クラスメートのカーティスとともにマックを取り戻そうとしている。プリュエはおとぎ話には歳を取りすぎていると思っていた。しかし、やがて彼女はそんな自分がおとぎ話の中心にいることに気付かされていく。そしてそこには、奇妙な喋り方をする動物、悪党の盗賊、悪巧みをする強力な者たちがいた。」

トラヴィス・ナイト監督は、「僕が生まれ育った場所を舞台に、魔法、不思議、そして危険のある野心的な物語を語ることが出来ます」と本作への意気込みを語っている。なお公開時期について現時点では明かされていない。今後の動向にも引き続き注目したい。

Source:IndieWire

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly