Menu
(0)

Search

『KUBO/クボ』のスタジオライカ、初の実写映画を製作へ

© 2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved.

『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(2016)などのストップモーション・アニメで知られるスタジオライカが、初めて実写映画を製作することがわかった。米Deadlineなどが伝えている。

2005年の設立以来、『コララインとボタンの魔女 3D』(2009)や『KUBO/クボ』、『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』(2019)などストップモーション作品にこだわってきたライカが、新たな領域に踏み出すこととなる。初の実写作品は、小説『Seventeen(原題)』に基づく作品になるという。

「過去15年、ライカは重要な映画を作ることにこだわってきました。媒体やジャンルをこえて、私たちのスタジオはアート、クラフト、テクノロジーを融合させ、大胆で、独特で、永続的な物語のために尽くしてきました」と、ライカのトラヴィス・ナイトCEOは寄せている。「『Seventeen』と共に、ライカは私たちの哲学を、エキサイティングで新しい分野に持ち込みます」。

KUBO/クボ 二本の弦の秘密 トラヴィス・ナイト監督
トラヴィス・ナイト監督 © 2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved.

『Seventeen』は、グウィネス・パルトローとダニエル・クレイグが共演した2003年の映画『シルヴィア』を執筆した脚本家ジョン・ブラウンロウによる作家デビュー作だ。ナイトは同作について、「魂こもったスリラーで、波打つような確かな鼓動のある、アドレナリン全開のアクション」と表現している。

ストップモーション・アニメにこだわったライカが初めて実写映画を手掛けるとあって、地道かつ緻密なアニメ製作で培ったノウハウがいかに活かされるかに注目だ。なおトラヴィス・ナイト自身は、映画『バンブルビー』(2018)で先に実写監督デビューを果たしている。スタジオライカは現在、第6作目となるアニメ作品を製作中。

あわせて読みたい

Source:Deadline

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly