Menu
(0)

Search

『トイ・ストーリー4』ボー・ピープの前日譚「ランプ・ライフ」米予告編 ─ 知られざる冒険描く、Disney+短編アニメ

Lamp Life
© Disney, All Rights Reserved

ディズニーピクサー製作『トイ・ストーリー』シリーズの人気キャラクター、ボー・ピープの前日譚アニメ「ランプ・ライフ(原題:Lamp Life)」の米国版予告編が公開された。本作はディズニーの映像配信サービス「Disney+」にて2020年1月31日より米国配信される。

『トイ・ストーリー』シリーズのヒロインであるボー・ピープは、1999年『トイ・ストーリー2』を最後に、2019年『トイ・ストーリー4』まで物語に登場しなかった。しかも再登場したボーは、かつてウッディやバズ、そして世界中の観客が親しんでいた姿からは大きな変化を遂げていたのである。劇中でボーは、『トイ・ストーリー2』からハードな日常を経てきたことを語っていたが、実際、その日々はどのようなものだったのか……。

前日譚となる短編作品「ランプ・ライフ」は、まさしく“描かれざるボー・ピープの冒険”に焦点を当てるものだ。「ランプの日常はそんなにエキサイティングじゃない……もしかすると、エキサイティングすぎるものかも」。炎上、ゴミ箱、猫、突風、大雪……今回の予告編でわずかに映し出されるのは、ボーがいうところも「思わぬ大冒険」の一端だ。『トイ・ストーリー4』のアンティーク・ショップに登場したギャビー・ギャビーやベンソンも姿を見せる。

Lamp Life
© Disney, All Rights Reserved

本作にはボー・ピープ役のアニー・ポッツ、ギャビー・ギャビー役のクリスティーナ・ヘンドリックスが続投。ウッディの声は本編のトム・ハンクスではなく、過去にも短編作品やゲームでウッディを演じてきたトムの弟ジム・ハンクスが担当している。監督は『トイ・ストーリー4』の脚本に参加したヴァレリー・ラポイントが務めた。

アニメ「ランプ・ライフ(原題:Lamp Life)」は2020年1月31日よりDisney+にて米国配信予定

あわせて読みたい

Source: Collider

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly