Menu
(0)

Search

セバスチャン・スタン初主演映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』日本公開決定 ─ サミュエル・L・ジャクソンら豪華キャスト共演作

ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実
© 2019 LFM DISTRIBUTION, LLC

『アベンジャーズ』『キャプテン・アメリカ』シリーズなど、マーベル映画のウィンター・ソルジャー/バッキー・バーンズ役で知られるセバスチャン・スタンの主演映画『The Last Full Measure(原題)』が、邦題『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』として2021年3月5日(金)に日本公開される。マーベル映画以外にも多くの作品に出演するセバスチャン・スタンの初主演作が、ファン待望の日本上陸だ。

1966年4月、ベトナム戦争で多くの兵士たちの命を救うために命を捧げた空軍兵がいた。彼の名はウィリアム・H・ピッツェンバーガー。英雄として讃えられるはずのピッツェンバーガーだったが、なぜか名誉勲章の授与は30年以上も却下され続けていた……。

セバスチャンが演じるのは、ペンタゴン空軍省の職員スコット・ハフマン。1999年、ピッツェンバーガーの名誉勲章授与の調査を行うことになったハフマンは、ピッツェンバーガーに救助された退役軍人たちの証言を集めていく。1966年のベトナム戦争下、空軍落下傘救助隊に所属していたピッツェンバーガーは、敵兵の奇襲を受けて孤立した陸軍中隊を救助すべく、激戦のため降下できなかったヘリからその身一つで地上に飛び降りて多くの負傷兵たちを救出し、ついに銃弾に倒れたのだ。やがてハフマンは、名誉勲章の授与を阻んでいた陰謀の存在に気付く。これは、ベトナム戦争の“知られざる英雄の真実”に迫る実話を基にした物語だ。

クリント・イーストウッド特集
ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実
© 2019 LFM DISTRIBUTION, LLC

出演者はセバスチャン・スタンのほか、クリストファー・プラマーウィリアム・ハートサミュエル・L・ジャクソンエド・ハリスというアカデミー賞に名を連ねてきた重鎮たち。また、2019年8月にこの世を去った名優ピーター・フォンダは本作が遺作となった。さらに『ファンタスティック・ビースト』シリーズのアリソン・スドルが主人公ハフマンの妻を、『戦火の馬』(2011)のジェレミー・アーヴァインがピッツェンバーガーを演じる。脚本・監督は、リドリー・スコット監督作『白い嵐』(1996)を執筆したトッド・ロビンソン。

このたび公開された場面写真には、セバスチャン演じるハフマンがウィリアム・ハート演じる退役軍人と戦没者慰霊碑を前にして語り合う場面や、クリストファー・プラマー演じるピッツェンバーガーの父と握手を交わす場面、そしてヘリから救助に向かうピッツェンバーガーの勇姿。豪華キャストが結集し、ベトナム戦争の真実を正面から描いた骨太な一作がやってくる。

ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実
© 2019 LFM DISTRIBUTION, LLC

映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』は2021年3月5日(金)全国ロードショー

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly