Menu
(0)

Search

『リーサル・ウェポン』第5作が進行中、メル・ギブソンが企画の存在を認める

リーサル・ウェポン2
© 1989 Warner © LFI/Photoshot 写真:ゼータ イメージ

メル・ギブソン主演『リーサル・ウェポン』シリーズの第5作が、現在も進行中であることがわかった。米国の人気番組「Good Morning America」にてギブソン本人が明かしている。

『リーサル・ウェポン』シリーズは、ギブソン演じるマーティン・リッグス、ダニー・グローヴァー演じるロジャー・マータフというロサンゼルス市警の刑事コンビの活躍を描く物語。1987年の第1作から1998年まで、計4作品が製作された。2016年~2019年には、ドラマ版「リーサル・ウェポン」も放送されている。

2020年1月、プロデューサーのダン・リンが、俳優陣及び監督を再結集して完結編を作ることを発言していた。しかし、公式の発表どころか俳優陣や監督からの反応も無く、真相は謎に包まれていた。そんな中、司会者から第5作の存在の有無を確認されたところ、ギブソンは「もちろんです」と認めた。これまでの全シリーズに関わってきたリチャード・ドナー監督が現在取り組んでいる最中だと明かし、彼のことを「伝説です」と称えている。

2020年、メル・ギブソンは64歳、ダニー・グローヴァーは74歳、そしてリチャード・ドナー監督は90歳。なるべく早く実現することを祈るばかりだ。

あわせて読みたい

Source:Good Morning America

Writer

南 侑李
Minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly