Menu
(0)

Search

『バズ・ライトイヤー』米初週、『ジュラシック・ワールド』に敗れる ─ 見込み興収に及ばず、大作映画は混戦へ

バズ・ライトイヤー
©2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

無限の彼方……までは飛べず。ディズニーピクサー最新作バズ・ライトイヤーは2022年6月17日に米公開を迎えると、初週末興収2位の座に留まった。2週目となるジュラシック・ワールド/新たなる支配者には届かなかった。

『バズ・ライトイヤー』初週末興収は5,100万ドルの見込み。事前予測の7,000万ドルには遠く及ばなかった。本作はピクサーにとって、『2分の1の魔法』(2020)以来およそ2年ぶりの劇場公開。パンデミックのため『ソウルフル・ワールド』(2020)など3作をディズニープラス配信に送ったスタジオの劇場復帰作として期待を集めていた。蓋を開けてみれば、人気シリーズ完結作『ジュラシック・ワールド』(5,866万ドル/2週目)や、別格の実力で飛び続ける『トップガン マーヴェリック』(4,400万ドル/4週目)といった競合作品に航路を阻まれた。

2週連続1位を守った『ジュラシック・ワールド』だが、前週比約60%の大幅ダウン。次週は、前評判も優れるエルヴィス・プレスリーの伝記映画『エルヴィス』のデビューも控える。『バズ・ライトイヤー』は、早くも持久力を試されることとなる。

本国での混戦は、日本にも持ち越しとなりそう。『バズ・ライトイヤー』『エルヴィス』は、共に2022年7月1日の同日公開。ファミリー層やディズニーファンは『バズ・ライトイヤー』に、音楽映画ファンは『エルヴィス』に出向くことになりそうだ。加えて、人気定着のマーベル映画ソー:ラブ&サンダーも日米共に7月8日に降臨。『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』は少し遅れて7月29日の日本公開となる。

Source:Box Office Mojo,Variety

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly