Menu
(0)

Search

『マイティ・ソー』ロキのスピンオフドラマ、トム・ヒドルストンが初コメント ─ 「もっとやりたい悪戯がある」

©THE RIVER

映画『マイティ・ソー』シリーズや『アベンジャーズ』シリーズなどで”悪戯の神”ロキを演じるトム・ヒドルストンが、「Disney+」で製作されるロキのスピンオフドラマに関するツイートを投稿した。

「Disney+」は、2019年に米ディズニーが開始予定とする独自のストリーミング・サービス。トム・ヒドルストン演じるロキのスピンオフドラマは、その主力コンテンツの一つとして配信されることが発表されたばかり。

このたびヒドルストンは、「ロキ。もっと伝えたい物語がある。もっとやりたい悪戯がある。まだ続きがある」とのみ投稿。なお、トム・ヒドルストン以外の出演者も2018年11月10日現時点で明らかになっていない。

本作は全6~8話ほどのリミテッド・シリーズ(1シーズンかぎりのシリーズ)として計画されており、ドラマシリーズとしては多額の製作費が投じられる見込み。また、ケヴィン・ファイギ社長はドラマならではのストーリーテリングについて「物語が存在すること自体と同じくらい、長い形式を採っていることが大切」だと述べており、映画よりもコミックに近いスタイルの作品となることを予告していた。

ちなみに、ヒドルストンの本投稿にファンは大興奮。投稿に返信する形で喜びを表している。

https://twitter.com/NMKardesvach/status/1061018487689142274

「王様万歳!」

「今日は雨が降っているけど、太陽はめちゃくちゃ輝いている(『アベンジャーズ/イニフィニティ・ウォー』でのロキのセリフをもじったもの)。お帰りなさあああい」

Disney+」では、ロキ以外にもMCU作品のスピンオフドラマの制作が予定されている。有力候補としてエリザベル・オルセン演じるスカーレット・ウィッチの名が挙がっているほか、ウィンター・ソルジャー/バッキー(セバスチャン・スタン)とファルコン/サム・ウィルソン(アンソニー・マッキー)コンビのスピンオフ企画も進行していることが伝えられている。

一体、ロキはどのような悪戯でファンを楽しませてくれるのか。まずは続報を楽しみに待ちたい。

Source: Twitter

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly